全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

昆布とセロリの炒め煮

norimomo昆布大使(東京都)

 

台湾のホテルには宿泊料に朝食がサービスでついていることがあります。
その朝食は、たいていがブッフェスタイルです。
おかゆや、饅頭(中に何も入っていない肉まんの生地だけ)やパンもあります。
サラダからいろいろな台湾の味付けのお惣菜などもいろいろとあるのですが、その中には昆布料理も時としてあります。
今回の旅行で食べた料理をご紹介します。

 

 

刻み昆布と一緒に、少しクセのあるセロリを炒め煮です。
昆布と同じくらいに細切りにしたセロリの香りと味がが程よく台湾の味にマッチしてなかなかおいしく、思わずお代わりしてしまいました。
どこに行って食べても、台湾の炒め物はサッと油通しか湯通しされているのか、野菜がシャキシャキです。
今回のセロリもシャキシャキとした歯ごたえと、昆布の柔らかさがとってもいい感じでした。
自宅でも、真似をして作ってみたい昆布料理です。

出汁をとった昆布を使いキャラ弁♪

川本江吏子昆布大使(愛媛県)

 

 

出汁をとった昆布を使いキャラ弁♪

過去に、キャラクター作りにハマった時期があり、ラップに包んで冷凍ストックしていました。
出汁をとった後の昆布の使い道の1つ♪
一日の大半をキャラクター作りに費やしていた時は、食材を大量に買い込んで細かなパーツを作っていましたが、ある時昆布があれば大概のキャラクターはできると気づき、無駄な買い物はやめるように変化しました。


棚にいつもある大きな昆布と、切り昆布の佃煮が主役。

切り昆布は顔を描くのに最適です。
理由は、柔らかくて細いので、微妙な線が自由自在であり、粘着力もあるので、ズレにくいのです。
色がくっきり、でも優しくでるので、仰々しくなりません♪
そこが一番おススメです。
右手にピンセット、左手に爪楊枝を持ち、微調整しながら描いていきます。

服を作るときは、調理用バサミやミニ包丁、彫刻刀、カッターナイフ等を使い、カッティングボードの上でカット。
昆布を使うと立体的でリアルにできます。

ちなみに私は美術の成績は2でした♪笑

菊花と舞茸のお浸し

佐藤由佳子昆布大使(東京都)

 

皆さま、こんにちは。
早くも店頭で食用菊を見かけるようになりました。秋も近し、ですね。


今回は、そんな菊花を使ったお浸しのご紹介です。
シャキシャキとした菊花の食感と昆布と舞茸の旨味が効いたお出汁をぜひお楽しみ下さい。
レシピでは白舞茸を使っていますが、別のきのこでアレンジしていただいても大丈夫です。

 

<レシピ>
菊花 茹でたもの40g(花びらを酢少々の湯で茹で、冷水にとり水気をきる)
白舞茸 1パック(石づきをとり、ほぐす)
三つ葉 2束(歯ごたえ良く茹で、食べやすく切る)
昆布だし 350cc
酒          小さじ4
薄口醤油 小さじ4

 

1)鍋に昆布だしと舞茸を入れて火にかける。
沸騰したら酒と薄口醤油を加え、弱火にして煮含ませ、火から下ろして人肌に冷ます。


2)1)に菊花と三つ葉を加え、なじませる。

南蛮の味噌漬け

三浦まさみ昆布大使

 

この度は、私の住む仙台名物のひとつ、牛タン。牛タンに欠かせない南蛮の味噌漬けをご紹介します。

材料は青唐辛子、味噌、だし昆布です。

 

 

.織奪僉爾猟賁未梁腓さに切っただし昆布を2枚、キッチンペーパーなどで汚れを落とす。


∪津眇瓢劼離悒燭鮴擇衢遒箸掘長いもの半分くらいに切る。


タッパーにだし昆布を敷き、最後に味噌が上にくるように味噌と青唐辛子を重ね、だし昆布を重ねる。


こ犬鬚靴椴簑庫で約1か月漬け込む。

 

家庭によりみりんや砂糖を入れたりします。

混ぜるだけの冷たいお吸物

佐藤由佳子昆布大使(東京都)


皆さま、こんにちは。

暑さ厳しいこの時期は、食事の支度に極力火を使いたくないものですね。

 

そんな時には、こんな簡単なお吸物はいかがでしょうか?

昆布だしのストックさえあれば、火を使わないので、あっという間にできてしまいます。

分量は全て適量ですのでスケールも不要です!笑

お使いになる器に合わせてご準備くださいね。

 

 

<材料>

長芋 (皮を剥いてビニール袋に入れ、めん棒などで細かく叩く)

おくら(塩少々で板ずりし、水洗いしてから薄切りにする)

茗荷(小口切りにしてさっと水にくぐらせ、水気をきる)

梅干 (種をのぞいて叩く。もしくは練り梅)

昆布だし

醤油


器に長芋、おくら、茗荷、梅をのせ、冷たい昆布だしを注ぐ。

食べる時に醤油を垂らす。

夏の冷やしおでん

ノザワエミ昆布大使(福岡県)

 

スーパー猛暑という言葉を初めて知った今年の夏。
福岡も毎日本当に暑いです。

汗で流れ出てしまうミネラルや塩分、水分をお出汁で補えたら…と、冷たい夏おでんを仕込みました。

 

 

羅臼昆布でしっかりととった昆布出汁をベースに、白だしと天然塩でしっかりめに味付け。
一度しっかりと煮込んでから冷まし、冷蔵庫で一晩休ませると具材にも出汁がしっかりしみて美味しくなります。

夏のおでんらしく、トマトやオクラ、とうもろこしを加えて色鮮やかに仕上げると視覚からも食欲をそそられます。

夏の冷やしおでん、おすすめです。

とうもろこしのポタージュ

三浦 まさみ昆布大使(宮城県)

 

身の危険があるほどの暑さですが、ここ数日の仙台はクーラー要らず。

仙台七夕も雨模様です。でもやはり、夏野菜は食べたくなります。


ご紹介するのはとうもろこしのポタージュ。ポタージュはフープロやブレンダーなどがないと作りづらいものですが、これはおろし器があれば作れちゃう、料理教室でも夏の定番です。

 

 

【とうもろこしのポタージュ】


とうもろこし 1本 玉ねぎ 1/2個 
だし昆布 10儚 水 600ml 
オリーブオイル 少々 塩 適量

 

,箸Δ發蹐海靴鮴犬里泙泙ろし器ですりおろす(芯までおろさない)。芯は取っておく。
鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りした玉ねぎと,鬚い譴鈍屬瓩襦
水、だし昆布、,里箸Δ發蹐海靴凌弔鯑れ、沸騰したら弱火で10分ほど。
い箸Δ發蹐海靴凌弔鮗茲蟒个掘塩で調味。

とうもろこしの芯はすごく出汁がでます。
器に盛ったら黒胡椒をふっても美味しいです。

米国のカントリーソーセージ

ボルゼネッツ絵美昆布大使(香港)

 

皆さま、こんにちは。
今回は、アメリカの朝食でよく供されるソーセージについてレポートいたします。

現地では、Breakfast sausageもしくは Country sausage, Pork sausagesなどと一般的に呼ばれています。

滞在中、ホテルやホームステイ先などで食べたことがある方も多くいらっしゃるかもしれませんが、今回は昆布を加えてアルギン酸やミネラル摂取を期待してみました!

 

 

☆材料

豚ひき肉 450g
出汁を取った後の昆布 大さじ2
刻みタイム 大さじ1
刻みローズマリー 大さじ2〜3(お好みで)
塩こしょう 適量

※ハーブ類は出来れば生のものを
※ローズマリーの代わりにセージやフェンネルなども使われています

 

☆作り方(とっても簡単!)

―仆舛鮗茲辰晋紊虜布をミキサーで出来る限り細かくする。
▲蓮璽屬陵佞鮑戮く刻んで香りを出す。
➂豚ひき肉に,鉢△魏辰┐同こしょうで味を調える。
な燭燭小さい丸い形に整え、両面こんがり焼く。

 

各ご家庭でそれぞれ使うハーブも異なり、テイストが違うのがカントリーソーセージの味わいでもあるので、上記レシピはご参考までに。

じゃがいもと目玉焼きに添えて出されることが多いです。

最後に余談ですが、私は、どうしてもこれをミートボール、日本語だとミニハンバーグとうっかり呼びたくなるのですが、アメリカ人からするとあくまでもこれはソーセージだそうです。

理由は、スパイスや特にハーブ類でお肉にフレーバーを付けているからだそうです。

よろしければお試しください。

最後までお目通しいただき、ありがとうございました!

キュウリと昆布のサッと和え

宮谷 有希子昆布大使(大阪府)

 

毎日暑い暑い日が続く西日本、大阪の昆布大使、宮谷です。

暑いと火を使って調理をするのが辛いですね。

汗で失われがちな塩分とミネラル補給には昆布がピッタリ!

今日は、お子様もささっと作れる「キュウリと昆布のサッと和え」のご案内を。

 

 

キュウリ1本の両端を落とし、ひと口大に乱切りします。(麺棒で叩いて手でちぎっても良し🎵)

ビニール袋に切ったキュウリと細切り昆布大さじ1程度入れ、そこに、塩ひとつまみ、醤油小さじ1、ゴマ油小さじ半分、炒り白ゴマを小さじ2程を加えて、袋に空気を入れるように口を閉じて、シャカシャカと振り混ぜたら出来上り。

時間が経つと、昆布の旨味がじわ〜っと効いて、箸の止まらない箸休めになりますよ〜(^^)

我が家の定番のご紹介でした(^-^)/

シンガポール昆布便り『オクラの冷やし汁椀』

河崎千代美昆布大使(シンガポール)

 

 

こんにちは!

今日は、暑い夏にはさっぱりと頂ける冷やし汁椀をご紹介します。

 

夏に出回る野菜はカラフルな色の野菜が多くありますが、緑色が鮮やかなオクラを使った汁椀です。

外国のオクラは、日本の物よりずっと大きくて硬めの物が一般的です。

 そこで、そのまま煮たり炊いたりするのではなく、すりつぶして召し上がる方法を考えました。

夏の暑さに負けないように、昆布とオクラのネバネバパワーは夏バテ知らずで元気に毎日を過ごすことが出来るかもしれないですよ。

 

出来れば冷たく冷やしてからガラスの器に入れて召し上がっていただくと、涼しげな様子が夏の食卓にはぴったりではないでしょうか?

 

 

『オクラの冷やし汁椀』

材 料

だし汁 100〜200ml

オクラ 8本

細切り昆布 一つまみ

梅干し 一つまみ

淡口醤油 小1〜2

塩 少々

 

作り方

オクラはガクを一剥きしてから茹でて水に取る。

オクラと細切り昆布をミキサーにかけ、だし汁・淡口醤油を加えて混ぜ合わせ塩で味を整える。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてからガラスの器に盛り、中央に梅干しをトッピングする。

*オクラの粘り具合はお好みでさらっと仕上げたい場合はだし汁でのばしてください。

<< | 3/106PAGES | >>
ページの一番上へ