全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

【昆布最前線レポート(番外編)】リシリヒナゲシ

6月の初旬。

夕日が丘展望台から撮った利尻富士(雪が溶けてきてる!)

100605_1915351.jpg


利尻の花といえば、リシリヒナゲシ
利尻固有の種で、利尻岳の山頂付近の岩礫地に特産する多年草だそうです。

本来、高山植物なんだけど、フツーに平地でも見られます??

利尻島の平地で見られるのは、リシリヒナゲシではない。という説も。。
この写真は利尻の平地で撮ったものです。

詳しくは、わかりませんが、可憐な花が初夏の訪れを感じます。

100608_1523061.jpg

 

【昆布最前線レポート(番外編)】利尻島の5月

原付で島を一周してみました。
若干曇ってて寒かったんだけど、写真からはあまり寒さが伝わりません(笑)

ウミネコがたたずむ沓形港。
(足がピンクだとカモメ、黄色だとウミネコだそうです)



鴛泊から沓形方面に走り、そこから仙法志へ。

途中いつくしま弁天のあたりで風・海が大荒れ。

利尻は真ん中の利尻富士のせいで雲がさえぎられるため、島内で天気が全く違います。
この日は久連のあたりが一番天気が悪かったみたい。



(いつくしま弁天)



オタトマリ沼にて・・・絵になる風景!



素敵な岩場発見!

こういうところに行くと大体殻のムラサキウニが落ちています。
カラスやカモメの食べ跡。

いつも頭上をカモメやウミネコとかが飛んでいます。

海キレーーーーーー!!
利尻の海はギリギリで日本海だそうです。

【昆布最前線レポート2】昆布についたごみ掃除

こんにちは bubuです。
ゴールデンウィークは、どのように過ごされましたか?
私は家族でのんびりキャンプをしましたよ〜。

今月の昆布レポートは
昆布についたごみ掃除のレポートです。

養殖昆布はロープに種昆布(液)をしみこませたものを、自然の海に戻して成長させます。

遠くから見ると丸い浮きが浮かんでいるだけに見える養殖昆布の漁場。
浮きの下には、ゆらゆらと昆布が成長しています。



3月末から開始したごみ掃除。
昆布と昆布の間に、生える草や海の浮遊物を取り除く作業です。

順調に進めば、延べ15日くらいで終わる予定ですが、例年になく強風が続き思うように掃除が進まなかったようです。
寒波?の影響なのか、とても寒く、沖での仕事も苦労しているようです。

父は身体中にびっしりカイロを付けて行きます。
「これが結構重たくて仕事がしづらい。」と言っています。
ほとんど父が一人で船に乗って行きますが、たまに母も一緒に行って手伝います。

うちの場合は、30本位ロープを貼っています。
ゴム手袋をはめて、1本1本引き上げ、一枚づつ海藻や浮遊物などのゴミを取り除いていきます。

これをしないと昆布が生育出来ずに死んでしまいます。
昆布の成長にかかわる大切な仕事なんですよ。

今はゴミ取り作業の軽減の為に昆布と昆布の間に、草が生えないようマジックテープのようなものを巻きつけているので、以前ほど草も生えなくなっているみたいですが、それでも海水を含んだ昆布はずっしりと重く、腰を曲げての作業は重労働です。
 


普段風邪をひかない母が、珍しく何度も風邪をひいています。
「薬を飲みすぎて胃を悪くしそう」と話していました。

5月に入ってからも、寒くてストーブを付けない日はないみたいです。

いよいよ来月から昆布干しが始まります。
お天気が続き暖かくなる事を願わずにはいられません♪
 

【昆布最前線レポート1】利尻島ってご存知ですか?

はじめまして 北海道に住んでいるbubuです。

両親が利尻島で養殖昆布漁をしています。
子どもの頃は、よくコンブ干しを手伝っていました。

長くて重たいコンブを一枚一枚並べて干す作業・・・
子どもながらに大変だった記憶があります。

今回、昆布大使の任命を受け昆布をもっと身近に知ってもらおうと、両親の仕事(昆布漁の様子)を一年を通してレポートしていきますね!

みなさんは利尻島ってご存知ですか?

真昆布、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布・・・
の利尻昆布が採れる島です。
利尻昆布は澄んだおいしいお出しが取れる高級昆布なんですよ。



まずは利尻島の紹介を少し・・・

北海道北部、日本海上に浮かぶほぼ円形の島で、稚内からフェリーで約1時間40分くらいのところにあり北隣の礼文島と対で道北の離島としてよく知られています。

島の中央には、利尻富士がそびえたち、稚内西岸からは、海上に突き出た高山として眺望できるんですよ。
集落は海岸部に立地し、海辺にはコンブ干し場が広がっています。
昆布干しの最盛期には島中のあちらこちらで、コンブのひなたぼっこがみれますよ。


(フェリーから見たオホーツク海)

昆布の仕事は3月末から始っています。
利尻島の3月はまだまだ雪も多く残っていて寒いです。
凪ぎの良い日は沖に出て、昆布や海草に付いたゴミを取り除き、絡まった昆布丁寧に解いたり、昆布の生育場所をきれいにしています。

次回は昆布や海草に付いたゴミ取り作業の様子をレポートしますね。
ゴミ取りといっても、これがとっても大切な仕事で、大変な作業なんですよ〜

また次回お会いできますこと、楽しみにしています♪ 
<< | 2/2PAGES |
ページの一番上へ