全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< おやつ昆布の黒糖煮 | main | 湯豆腐〜とろろ昆布入り〜 >>

食育イベント出前授業「こんぶだし」を実施

1月28日(火)大阪府堺市立新金岡小学校にて食育イベント
出前授業「こんぶだし」を開催しました。

場所/堺市立新金岡小学校
参加者/5年生100名(3クラス)
時間/4,5,6時限

今回は5年生の家庭科授業(45分)とし、クラスごとに3回実施しました。
3回目の6時限は、堺市立小学校の先生に公開され、約10名の先生が
見学されました。
まずは、山口眞商店の山口社長によるクイズを交えながらの昆布講座。
DSC_0560a.jpg
「昆布は主にどこで採れるか知ってるかな?」
・北海道
・瀬戸内海
・白浜沿岸
の質問では、瀬戸内海が一番多く挙手が上がり、次いで白浜沿岸。
北海道は少数。

「昆布はいつ頃採れるの?」
・冬(12月〜2月頃)
・夏(7月〜9月頃)
・春(3〜5月頃)
の質問では、春と答えた児童が多く、次いで夏、冬。
まだまだ、昆布が主に北海道で夏に採れることは知られていないようです。
 
DSC_0540a.JPG

「北海道で採れる昆布がどうやって大阪に届いたのかな?」
北海道から大阪まで昆布が運ばれた昆布ロードと
堺の昆布加工についての話に児童達も興味を持って聞いてくれました。

質問コーナーでは、「なぜ昆布というのか?」
「なぜ北海道で昆布が採れるか?」「一番長い昆布は?」
などの質問もありました。
IMGP2501a.jpg
昆布講座の後は、昆布大使の松田真冬さん
による「昆布出汁の取り方」を見てもらいました。

「昆布は水に入れるとこんなに大きくなるんだよ。」
「沸騰する前に取り出してね!」
DSC_0585a.jpg
みんなで昆布も触ってみました。
IMGP2504a.jpg
「3種類のみそ汁の飲み比べ」では
【青】お湯に味噌を溶いた物
【黄】昆布だしに味噌を溶いた物
【赤】昆布と煮干し(いりこ)の合わせだしに味噌を溶いた物
の3種類を飲んでもらいました。
IMGP2509aa.jpg
DSC_0589a.JPG

IMGP2508a.jpg
IMGP2533a.jpg
各班ごとに味噌汁の感想を発表してもらいました。
【青】は、味が薄い。苦手。
【黄】は、さっぱりしている。あっさりで美味しい。
【赤】は、濃く感じた。甘く感じて美味しい。

児童の感想は、【青】お湯に味噌を溶いた味噌汁は「おいしく感じなかった」。
の意見が共通していたようです。
味噌は同じでも、「だし」が入っている味噌汁と入っていない味噌汁では
味が違うということを感じてもらったようです。
「だし」には、昆布や煮干しの他にかつお節やしいたけなど、
それぞれの「うま味」で美味しい味噌汁ができること。
また、簡単に昆布だしを取ることができることも児童の皆さんに体験いただきました。

参加してくれた新金岡小学校5年生の皆さん、
一生懸命聞いてくれてありがとう!
最後にご協力いただいた先生方にもお礼申し上げます。
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/996
ページの一番上へ