全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 食育イベント『みんなでおいしくよろこんぶ』実施 | main | 昆布の干場 >>

昆布大使と会員企業の懇談会2013in東京開催

昆布大使と会員企業の懇談『昆布大使サミット』2013in東京を
12月7日(土)銀座クレストンで開催しました。

今年度の東日本エリア在住の昆布大使さんに声掛けし
10名の昆布大使さんに参加いただきました。

日本昆布協会の田村会長の挨拶の後は、昆布の生産と現状などを説明。

意見交換タイムでは、
「スーパーの陳列棚に種類が豊富に並んでいても実際どの昆布を
どんな料理に使ったらいいのか選び方がわかりにくい。
用途がわかりやすいパッケージやネーミングの工夫が必要ではないか」

「昆布は健康に良い食品。良いところが多すぎて良さのアピールが
拡散しているのでは。焦点を絞ってはどうか。」

「昆布に関心のない人達にどのように昆布の良さを伝えていくかが
課題ではないか。」

「和の調味料(鰹節、醤油、みそ)業界と連携を深めてはどうか」

「小中学校生の時に味覚が形成されるので食育は大切、
昆布を給食に定期的に取り入れてもらうよう働きかけてはどうか。」

「昆布の生産現場を見学したい。」

「和食のソウルフードはみそ汁であり、メインに出すべき、
そのことがだしや昆布につながる。」

大阪に続いて今年度2回目となる東京での懇談会も、
食のプロとして、また主婦として、消費者でもある「昆布大使」の
皆さんから、消費拡大に向けての課題やヒントなど、
貴重なご意見をお聞きしました。

また、サミット終了後も会員企業と「昆布大使」の皆さん、
また「昆布大使」さん同士の名刺交換と『昆布』を通じての
交流の場となりました。

最後は全員で記念撮影。



参加いただいた皆様、ありがとうございました。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/940
ページの一番上へ