エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布水をTVで紹介させて頂きました | main | 第五回昆布川柳コンテスト大募集! >>

最新台湾昆布事情!!

こんにちは、昆布おじさんです。

台湾=棹前昆布と言うイメージが有りませんか?

特に根室の棹前昆布は、一時期は台湾の需要が
相場を決めるとさえ言われていました。

ところが10年以上前に、棹前昆布は大不作で価格が暴騰し、
ちょうどその頃に大陸の「福建省」の昆布の売り込みが、台湾に有り
アッと言う間に台湾市場が失われかけました。

その後、北海道ぎょれんを始め多くの方の努力で、
シェアーを取り戻しつつ有りますが、
以前の様には行きませんが最近の台湾市場では、
めっきり中国産の昆布は少なくなりました。

中国語では、
昆布=海帯(ハイタイ)と書きますが、

台湾語では、
昆布=昆布です。

これは元々台湾では昆布を食べる習慣が無く、「50年間の日本時代」に
日本食の文化として持ち込まれたからです。

現在、台湾の昆布事情は、劇変しようとしています。
食糧としての昆布から、健康食品としての昆布に変化しつつ有ります。
全世界的にそうですが、昆布は和食材でありながら「日本食」として
使うのではなく、「UMAMI」の素をして見直されて来ています。

私たちの「昆布」を、「UMAMI」食材として見直し、
世界の食文化を日本発信で変えてみませんか!!

1385224_312552672216468_500910999_n[1].jpg
……………………………………………………………………

にほんブログ村 健康ブログ 食育・
食生活へ
にほんブログ村
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/874
ページの一番上へ