全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 本日開店です!!2013年度昆布大使 | main | 昆布を使って楽省育児!  >>

日高管内、第2回目の昆布品質検査が始まりました!

荒井孝幸 昆布大使(北海道)
……………………………………………………………………

みなさま、こんにちは。2013年度昆布大使の荒井です。
北海道で生産される昆布の品質検査を行うのが僕の仕事。...
現在は日高管内で採取される「ミツイシコンブ」、
通称、日高昆布の品質検査を行ってます。
以後よろしくお願いします。


今年の北海道産昆布の繁茂状況。本当に大変です。
水揚げ数量も予想以上に伸び悩んでおります。
現在も採取されている地域はありますが、
日高管内の殆どの地域では、早々に終漁を迎え浜の活気は
寂しくなる一方です。
どうしましょう。困りましたね〜


そんな中で始まった、第2回目の昆布品質検査。
今月16日の昆布値决会に向け、
漁業者はできる限りの出荷に心がけているようですが、
採取量が少ないためか!?
出荷件数、出荷数量、等級比率が昨年に比べ大幅にダウン。


昆布の品質検査は、我々専任格付員が各漁家を1戸ごと巡回し、
等級ごとに品質を検査します。
検査の手順は、現品と数量を照合し、
荷造結束・量目・品位を検査。
そして、合否と等級を決定します。

検査の方法は、荷造結束については、
出荷された全数量をチェック。
量目については、決められた量目ごとの数量から
その数の20%以上の数を抽出し行います。
品位については、品位ごとの数量から
その数の平方根以上の数を抽出して行うのが基本です。


日高管内では、毎月1000戸弱の昆布漁家が対象になってますが、
全戸出荷されることは1回目の検査以降、極希です。


我々専任格付員と漁協職員のみで、
検査業務を遂行する地区もあれば、
漁協役員を非常勤格付員として委嘱している地域もあります。

日高管内では、非常勤格付員の他に、格付査定員も委嘱し検査に携わります。
それぞれに役割はありますが、最終決定の合否については、
我々専任格付員及び非常勤格付員が等級の決定を行います。


北海道各地の昆布には、それぞれに決められた規格があります。
元揃(もとぞろい)、折(おり)、長切(ながきり)、棒(ぼう)
と言った形状の違いの他、様々な規格があります。
生産者は、その規格に則り製品作りと選別を行っています。


我々、専任格付員は、年に一度、各浜を巡回し
製品作りに関する指導会も開催しております。
また、個人別に行う個別指導も日々の業務の一つとし対応しています。
老若男女、生産者は様々ですし、同じ種類の昆布でも形状や色沢も様々。
一つとして同じ昆布はありません。
それら全てをひっくるめ、我々格付員は
地域と品質の統一を日々はかっています。


採取方法、出荷方法、取引方法、販売方法。
昆布に関わる事は、今も昔もそれほど変わっておりません。

今現在、様々な理由により生産地では漁業者が激減し、
生産量も年々減少傾向になってます。
僕個人の考えではありますが、
今後は時代に合った仕組みも必要ではないかと思います。
昆布を採る生産者も絶え。
昆布を売るお店も絶えてしまってからでは、手遅れですからね。


日本の食文化を担った北海道の昆布! 守りたいです。


今日は日高昆布の特上浜「井寒台」(いかんたい)地区の品質昆布検査でした。
明日以降、他地区での出荷数量に期待したいです。

1157428_388583737911371_1055609726_n[1].jpg

1376389_388583657911379_527542859_n[1].jpg

996026_388583707911374_567909673_n[1].jpg

1379682_388583681244710_1983711599_n[1].jpg

1375176_388583757911369_1826391441_n[1].jpg
……………………………………………………………………
●荒井孝幸
日々、昆布に関わるネタを物色中。
昆布に対する情熱は、誰にも負ける気がしません!
あらちんパパのこんぶログもヨロシクね^^v
http://blogs.yahoo.co.jp/arachin0


にほんブログ村 健康ブログ 食育・
食生活へ

にほんブログ村
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
ページの一番上へ