全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 消費量日本一!大阪・塩昆布のこと | main | 新ライターさん登場! >>

年間数日間だけの収穫!貴重な昆布、いただきました♪

ちぃちぃ昆布大使(東京都)
……………………………………………………………………
こんにちは、ちぃちぃ昆布大使です。
私からの発信は、8回目のこれが最後となります。
いつものように料理紹介となりますが、いつもと違う昆布をご紹介しますね。

だいぶ前のことですが、棹前昆布をちょうだいしました。

P1040746.jpg

通常の昆布漁が始まるよりも早い時期に採る若昆布のことを、
棹前、といいます。

ノサップ岬の棹前昆布は、
なんと現在ロシア領土内にある貝殻島付近にしか生息せず、
入漁料をロシアに払って毎年6月1日の解禁日よりほんの数日間しか
採取できない貴重な昆布だそうです。
他の昆布より厚みや柔らかさ、栄養価の高さなどが評価され
ここまでするんだとか。

刺身昆布にもできるというので煮物と二品作ってみました。

まずは昆布をぬるま湯でさっと洗い、煮物用に結び昆布を作っていきます。

P1040747.JPG

それを何と水のうちから調味料も入れて煮ることができる、というのが驚き!

P1040748.JPG

これも棹前昆布ならではの特色だそうです。
(他の昆布では柔らかく煮えてから調味料を入れないと、
固いままに仕上がってしまいます)酒、みりん、砂糖、醤油でシンプルに煮て、
今回は豚肉にお豆腐を練りこんだ肉団子と一緒に煮込みました。

昆布と肉の旨みが合わさった美味しいお出しがたっぷり!
にんじん、ごぼうにもしっかり吸わせてあげます。
柔らかいのにぐでぐでにならない昆布、さすがです!

P1040750.JPG

もう一品は、刺身昆布にして酢の物で。
ぬるま湯でさっと洗った昆布を、熱湯のなかをくぐらせます。
あとは細く切って、茹でたほうれん草、紫キャベツのスプラウトとともに
合わせ酢で和えて出来上がり。

P1040751.JPG

柔らかで肉厚、食べごたえのある昆布でした。

これだけたっぷり昆布をいただくと、お正月のご馳走を前にして、
クリスマスの脂たっぷりのお食事もしっかりデトックスできた…かな??


2ヶ月間のこんぶろぐ、
「あー、うちでもやってる、やってる。」
などと頷いていただける方が少しでもあれば幸いです(*´ω`*)

どうもありがとうございました♫

……………………………………………………………………
●ちぃちぃさんのブログ
おいしいものは、おいしいうちに・・・ハイいただきます!
http://hai-itadakimasu.cocolog-nifty.com/blog/


 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
コメント
お酢でいただくのはおいしそうですね。
歯ごたえをイメージすると食べたくなってしまいました。
starfield | 2013/01/03 9:42 PM
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/776
ページの一番上へ