全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 小説の中のとろろ昆布 | main | 豆乳鍋は昆布だし >>

こんぶ雑感(祝い事には昆布茶)

きし昆布大使(愛知県)

私事ですが、先日長年嗜んでした茶道で、御家元よりお茶名を拝領しました。
襲名を記念し、友人三人でお茶会を開く事となり、ここ最近バタバタしています。

茶道というと、喫するのは抹茶ばかりのイメージがありますが、お茶室に通される前の待合室では昆布茶や白湯が振る舞われる事があります。特に初釜や祝いの茶会では、「よろこぶ」の意味を掛けて昆布茶が振る舞われるようです。

初釜の待合で頂く昆布茶は格別・・・
冷えきった身体にスーッとしみ込み、何とも言えず安らぎます。

私達の茶会でも昆布茶を振る舞い、来てくださった方々に喜びの意を伝えたいと思っています。


------------------------------------------------

なぜ、昆布は縁起物なの?

昔から、おめでたい席に欠かせない昆布は、いわば日本人の必須ラッキーアイテム。なぜ、どうして昆布は"縁起がいい"とされてきたのか…。話せば長〜くなるその謎を、ギュッと凝縮してお届けします。

新しいコンテンツがUPしました。
縁起物でもある昆布で幸せを引き寄せよう!


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
ページの一番上へ