全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 【関東地区】ふるさと昆布料理自慢 | main | 【東北地区】ふるさと昆布料理自慢 >>

【中部・北陸地区】ふるさと昆布料理自慢

全国各地、その土地ならではの昆布料理を紹介する「全国ふるさと昆布自慢大会」で投稿いただいた昆布料理やいろいろなエピソードを紹介します!

昆布巻きは好きなんだけど(新潟県/にゃんちゅうさんからの投稿)
新潟といってもずっと富山県寄りの地域で、昆布はよく食べます。昆布巻きはニシンを巻いたもの。大好きなんですが中身のニシンが苦手。味は好きなのになぜニシンだけが食べられないのかわかりません。昆布に巻かずに結び昆布とニシンで煮るとなんだかおいしくない。家族のひんしゅくを買いつつ、ぐるぐる「あれ〜、お代官様、お許しを〜」という感じで昆布だけ食べます。

母の煮物には、いつも昆布(新潟県/スニフさんからの投稿)
今年76歳になる母とは70キロメートル離れて住んでいますが、買い物等の世話で毎週末訪れています。その際の食卓には、月に1回は大好物の煮物が並びます。その中の具には、先ほど一緒に買った「昆布」がデン!といつも入って、いい味を出しています。昆布の美味しい味を噛みしめるとともに母の愛情も噛みしめています。

沖縄と富山の違い−昆布あれこれ(富山県/かなださんからの投稿)
毎年、沖縄と富山は昆布の消費量を競っています。沖縄では昆布が採れないので貴重品で、だし昆布まですべて食べます。古くは昆布座という組織を作って、中国へ輸出し漢方薬の原料を輸入し、これが富山の売薬文化と繋がっていました。 富山では基本的にだし昆布は食べません。昆布を食べる富山名物の料理は、鰊の昆布巻きと昆布巻きかまぼこが代表です。

とろろ汁(富山県/ハッピーさんからの投稿)
とろろ昆布をお椀に入れて、熱湯を注いでお醤油をたらすだけで、おいしいお吸い物の出来上がり!

富山は昆布の消費量がすごい(富山県/moeさんからの投稿)
富山県といえば昆布の消費量がかなり多い県なんだとか。確かに、私の実家でも昆布を毎日半端じゃない量を 使っている気がする。「とろろ昆布おにぎり」「昆布入りナン」「昆布入りパン」 「昆布巻きかまぼこ」「昆布〆」「昆布入りお味噌汁」など、さっと思いつくだけでもこれだけ出てくる。ちなみに私が一番好きなのは「昆布飴」。これがあれば他におやつはいらないと言うくらい好き。小さいときに食べ過ぎて歯の詰め物が何回も取れたが、私が歯磨きをサボっていた悪い子だったからだと思う…。昆布はまったく悪くない!

おぼろ昆布巻き(石川県/登志子さんからの投稿)
昆布だしベースのマリネ液に漬けた大根とにんじんの水気をペーパータオルでふきとって、おぼろ昆布で巻きます。 さっとゆでた昆布で巻いても美味しいのですが、ご年配の方には食べにくいらしく、おぼろ昆布で巻いて小さく切っています。美しいし食べやすいです。写真は、奥が黒おぼろ、手前が白おぼろで巻いてあります。 ただし、これは食べる直前に巻かないと美味しくないのが欠点です。


サラダ昆布巻き(石川県/登志子さんからの投稿)
しっかり煮込むだけが昆布巻きじゃないですよね。昆布の歯ごたえを楽しむサラダみたいな昆布巻きです。レシピを紹介します。



(1) やわらかい昆布をさっとゆでておく (ゆで汁は、マリネ液に使う)。
(2) 大根とにんじんはスティックに切る。
(3) 大根は塩をふってしんなりさせ、にんじんは固めにゆでるか電子レンジで少し火を通し白だしにつける。
(4) 昆布を広げて、(3)をくるくると巻き、戻してさっとゆでたかんぴょうで結ぶ。
(5) マリネ液を作る。(1)のゆで汁100cc、塩小さじ1、白だし大さじ2、オリーブオイル大さじ1、すし酢大さじ2、全部あわせて(4)を一晩つけこむ。(お好みで輪切り唐辛子もどうぞ)

お正月の「紅白なます」の代わりにおせちに入れてます。

お煮しめには、結び昆布(石川県/団塊暇人さんからの投稿)
ふるさと料理と言えば「お煮しめ」。里芋・人参・こんにゃく・椎茸・竹の子・蓮根・鶏肉に結んだ昆布の煮しめ。これぞおふくろの味。

納豆に昆布(福井県/せせらぎの住人さんからの投稿)
細切り昆布と、だし、納豆、大葉を混ぜて一晩おいてから食べる。

こぶじめで、み〜つけた!(福井県/しまっちさんからの投稿)
昆布と言えば、“昆布〆(こぶじめ)”。大きな昆布と昆布の間に、お刺身がはさんであります。昆布を開くと、白身のお刺身が食べやすい大きさにびっしり敷き詰められています。たまに、昆布と昆布に隠れて、お刺身が隠れていることがあります。見つけたときには、何とも言えない幸せが…。幼いころからの大好物で、3姉妹の私たちは、お刺身の取り合いでケンカになっていました。昆布を開くとき、ネバーと糸がひく感じもたまらないのです。

もう食べられない母の昆布巻き(長野県/ぽひこなさんからの投稿)
今はもう亡き母の昆布巻きが大好きでした。生のニシンを使って圧力鍋で煮て作るので、骨まで柔らかくて、味もしょっぱすぎないで美味しかったです。私が学生の時は一人暮らしをしていて、久しぶりに実家に帰ると決まって作っておいてくれました。 私が社会人1年目で亡くなってしまったので、もっと早く教わっておけばよかったです。またあの味が食べたい!!
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/293
ページの一番上へ