全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 煮込み料理の隠し味に“酢昆布” | main | お酒のおつまみに“豚の昆布巻き” >>

しじみ・昆布・梅の二日酔い回復吸い物

コンブリアン唯昆布大使(東京都)

 

 日本はすっかり秋めいてきましたね。
昆布は今、若い芽が出てこれから厳しい寒さを乗り越えようと、海の中で準備をしているのでしょうね。
寒いシーズンの方が、代謝は下がってきますし、行事も多くなってくるので食べ過ぎ飲みすぎには注意していきましょう。
ダイエッターでも飲みすぎることはあります。そんな時は3日かけてリカバリーするようにして、無理なく減量が成功できるようにカバーすれば大丈夫です。

 

〈材料〉
シジミ 100g
真昆布 2g
水 500ml
梅 種をとって果肉のみ1つ
三つ葉 適量
酒 大さじ2
醤油 大さじ1
塩 適量

 

しじみは砂抜きして、水・真昆布とともに煮る。
煮ている間に、うめをペースト状になるまで刻み、三つ葉を切っておく。
しじみの口がしっかり開いたら、調味料を入れて味を調える。
お椀に注ぎ、梅と三つ葉をのせてできあがり。

 

あったか〜くて、五臓六腑に染みわたります。
写真がなくてすみません。

飲みすぎて寝て起きると、のどが渇くくらい脱水になっていることが多いので、水分だけでなく塩分とともに補給してあげてくださいね。
回復効果の高いしじみのオルニチンは、水に溶けやすいので汁ごと飲みましょう。
ただし、塩分はちょっと薄いくらいでちょうどいいですよ!


看護師&ダイエットジムトレーナー コンブリアン唯
ありがとうございます。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2193
ページの一番上へ