エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 炊き込まない?ホタルイカのご飯 | main | 昆布出しで“シーフードガンボ” >>

食と科学のふしぎ博

日本昆布協会は9月22日(土)大阪南港ATCで開催された
「食と科学のふしぎ博」に出展しました。
今回のイベントは教科書会社が主催ということで「食と科学のふしぎ」がテーマ。
ブースでは、だし昆布の展示や
昆布のだしとカツオのだしをそれぞれ飲んでいただいた後、
ふたつを合わせて合わせだしとし、うまみの相乗効果を実感していただきました。
小学生や保護者の方が立ち寄られ、10時の開会当初から
当協会のブースには行列ができ、閉会までに約770杯のだしの試飲をしていただきました。
また、子供向けに「昆布クイズ」を実施し、正解者には
「ちびっこ昆布大使カード」をプレゼント。
又抽選でオリジナルハンドタオルをプレゼントしました。
ステージでは、昆布大使のさかもと萌美さんと宮谷有希子さんが
だしの取り方と、だしをとった後の昆布を使った料理の
デモンストレーションを行い、立ち見ができるほどの好評でした。
今回は6名の関西在住の、昆布大使さんにPRを担当していただきました。
山田恵美さん、伊藤陽子さん、扇田彩子さん、
清水有加里さん、さかもと萌美さん、宮谷有希子さん
山口眞商店、小倉屋昆布、浪花昆布、吹田商店
ご来場いただいた皆さまありがとうございました。
また、昆布大使さん、ご協力いただいた皆さま、大変お世話になりありがとうございました。
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2189
ページの一番上へ