全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布とセロリの炒め煮 | main | レンジで楽々豚肉の昆布巻き >>

知って得する だし(昆布編)・味噌の講座

辻井よしみ昆布大使(兵庫県)

 

今回は講座の開催の為の打ち合わせと、実際に開催する講座の教室の方々に、昆布大使として「何を伝えたいのか・講座の進め方」を実際にご理解いただくために、佃真さんのご協力を得て昆布の見学をしました。

 

 

先ず、驚かれたのは、

 

昆布がこんなに多くの種類があることを知らなかった

ミネラル等々の栄養成分を他の食品と比べると驚かれていました。

食物繊維が豊富であること。

昆布が私たちの目の前に届くまでの工程がこんなに大変だとは全く知らなかった。

 

見学された方々は口々に、今日はとてもいい勉強になりました。とおっしゃっていただきました。

 

講座内容は【知って得する だし(昆布編)・味噌の講座】を開催

 

だしにも色々な素材がありますが今回は昆布大使として昆布の収穫から市場に出回るまでの流れを分かりやすく伝えます。

昆布の漁をすることから自然環境を守ることまでの流れを感じていただきました。

 

『昆布を食べる』ことは、自分の身体の為にも良い効果が生まれ、又、自然環境(ECO)への貢献に繋がる。

そして、(味噌の効能)をお伝えして、実際に私の教室での天然素材にこだわる自家製手作り味噌の話。

実習として、顆粒だし+みそ/ 水+みそ/ 昆布だし+みそ/ 昆布・鰹だし+みそ 

テイスティングは、皆様 難しかったようですが、やはり、口々に香りの違いを感じられていました。

中には、最初は(顆粒だし+みそ)が美味しいと思ったが、時間が経つと、美味しくないのが分かると。

講座を修了した結果、受講者の方々が、『出汁とるのって難しい〜』という感覚が『簡単』に変化した事。

『昆布だしは水に浸けておくだけで出来上がり』と、『毎日冷蔵庫に1Lの容器に昆布浸けときます』等々。

今日お伝えしたことが、家族や知人に広まれば嬉しいです。

 

ということで、秋には『腸から昆布で綺麗になる 腸美人』を開催します。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2167
ページの一番上へ