エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 出汁をとった昆布を使いキャラ弁♪ | main | 知って得する だし(昆布編)・味噌の講座 >>

昆布とセロリの炒め煮

norimomo昆布大使(東京都)

 

台湾のホテルには宿泊料に朝食がサービスでついていることがあります。
その朝食は、たいていがブッフェスタイルです。
おかゆや、饅頭(中に何も入っていない肉まんの生地だけ)やパンもあります。
サラダからいろいろな台湾の味付けのお惣菜などもいろいろとあるのですが、その中には昆布料理も時としてあります。
今回の旅行で食べた料理をご紹介します。

 

 

刻み昆布と一緒に、少しクセのあるセロリを炒め煮です。
昆布と同じくらいに細切りにしたセロリの香りと味がが程よく台湾の味にマッチしてなかなかおいしく、思わずお代わりしてしまいました。
どこに行って食べても、台湾の炒め物はサッと油通しか湯通しされているのか、野菜がシャキシャキです。
今回のセロリもシャキシャキとした歯ごたえと、昆布の柔らかさがとってもいい感じでした。
自宅でも、真似をして作ってみたい昆布料理です。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2166
ページの一番上へ