全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 【9月】おすすめ昆布レシピを更新しました | main | 南蛮の味噌漬け >>

東京都練馬区立早宮小学校食育授業レポート

norimomo昆布大使(東京都)

 

7月31日に、東京都練馬区立早宮小学校食育授業に初めて参加させていただきました。

京浜海藻の藤田社長と河邊商店の邊社長のご指導の元、13年度昆布大使久野さんが講師として、14年度昆布大使北浦さんとnorimomoがサポートです。

会場は早宮小学校の家庭科室。

保護者12名と小学生14名(小3 12名+小1 1名、小2 1名)に加え、学校の先生がサポートで入っていただき、7テーブルで28名の参加者へ『食育講座 親子料理教室』を開催いたしました。

 

校長先生のご挨拶から始まり、講話は藤田社長と邊社長から昆布の成長や採り方や製品になるまでを小学生でもわかりやすく、パネルや様々な昆布を見ながら学んでもらいます。

 

 

利き昆布出汁で、利尻昆布、日高昆布、羅臼昆布の違いを試飲し、

昆布の種類で味や香りが違うことも学んでもらいました。

その後、久野昆布大使によるお出汁の取り方デモンストレーションと調理実習になります。

 

お出汁の取り方デモンストレーションでは、昆布といりこを使います。

関東ではあまりいりこを使ってお出汁を取るご家庭は少なかったので、昆布といりこのお出汁の美味しさを知っていただく良い機会となりました。

次に調理実習です。

今回のメニューは、「とろろん☆りんごアイクリーム」と「おぼろ昆布の簡単お吸い物」の2品。

 

久野昆布大使の料理手順を学んだ後、料理に興味のある参加者の児童の皆さんがとても手際よくて、調理を進めることができました。

調理が終わった班ごとに、試食タイムです。

 

とろろ昆布入りのアイクリームは、児童も保護者の方々も「意外な取り合わせが美味しい」と好評でした。また、お吸い物も「卵豆腐が昆布出汁とおぼろ昆布とあって美味しい」との感想でした。

参加した児童の皆さんは、今年の夏休みに、お家でも今回の2品を作ってくれるそうです。

 

今回の食育講座を通じて、昆布の美味しさを知っていただくとても良い機会になったと実感できました。

貴重な体験をすることができて、昆布大使になって良かったと思います。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2162
ページの一番上へ