エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 夏の冷やしおでん | main | 台湾でも日本の昆布を発見 >>

混ぜるだけの冷たいお吸物

佐藤由佳子昆布大使(東京都)


皆さま、こんにちは。

暑さ厳しいこの時期は、食事の支度に極力火を使いたくないものですね。

 

そんな時には、こんな簡単なお吸物はいかがでしょうか?

昆布だしのストックさえあれば、火を使わないので、あっという間にできてしまいます。

分量は全て適量ですのでスケールも不要です!笑

お使いになる器に合わせてご準備くださいね。

 

 

<材料>

長芋 (皮を剥いてビニール袋に入れ、めん棒などで細かく叩く)

おくら(塩少々で板ずりし、水洗いしてから薄切りにする)

茗荷(小口切りにしてさっと水にくぐらせ、水気をきる)

梅干 (種をのぞいて叩く。もしくは練り梅)

昆布だし

醤油


器に長芋、おくら、茗荷、梅をのせ、冷たい昆布だしを注ぐ。

食べる時に醤油を垂らす。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2159
ページの一番上へ