エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< キュウリと昆布のサッと和え | main | とうもろこしのポタージュ >>

米国のカントリーソーセージ

ボルゼネッツ絵美昆布大使(香港)

 

皆さま、こんにちは。
今回は、アメリカの朝食でよく供されるソーセージについてレポートいたします。

現地では、Breakfast sausageもしくは Country sausage, Pork sausagesなどと一般的に呼ばれています。

滞在中、ホテルやホームステイ先などで食べたことがある方も多くいらっしゃるかもしれませんが、今回は昆布を加えてアルギン酸やミネラル摂取を期待してみました!

 

 

☆材料

豚ひき肉 450g
出汁を取った後の昆布 大さじ2
刻みタイム 大さじ1
刻みローズマリー 大さじ2〜3(お好みで)
塩こしょう 適量

※ハーブ類は出来れば生のものを
※ローズマリーの代わりにセージやフェンネルなども使われています

 

☆作り方(とっても簡単!)

―仆舛鮗茲辰晋紊虜布をミキサーで出来る限り細かくする。
▲蓮璽屬陵佞鮑戮く刻んで香りを出す。
➂豚ひき肉に,鉢△魏辰┐同こしょうで味を調える。
な燭燭小さい丸い形に整え、両面こんがり焼く。

 

各ご家庭でそれぞれ使うハーブも異なり、テイストが違うのがカントリーソーセージの味わいでもあるので、上記レシピはご参考までに。

じゃがいもと目玉焼きに添えて出されることが多いです。

最後に余談ですが、私は、どうしてもこれをミートボール、日本語だとミニハンバーグとうっかり呼びたくなるのですが、アメリカ人からするとあくまでもこれはソーセージだそうです。

理由は、スパイスや特にハーブ類でお肉にフレーバーを付けているからだそうです。

よろしければお試しください。

最後までお目通しいただき、ありがとうございました!

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2155
ページの一番上へ