全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布の産地見学 | main | みなみ北海道物産館 >>

シンガポール昆布便り『オクラの冷やし汁椀』

河崎千代美昆布大使(シンガポール)

 

 

こんにちは!

今日は、暑い夏にはさっぱりと頂ける冷やし汁椀をご紹介します。

 

夏に出回る野菜はカラフルな色の野菜が多くありますが、緑色が鮮やかなオクラを使った汁椀です。

外国のオクラは、日本の物よりずっと大きくて硬めの物が一般的です。

 そこで、そのまま煮たり炊いたりするのではなく、すりつぶして召し上がる方法を考えました。

夏の暑さに負けないように、昆布とオクラのネバネバパワーは夏バテ知らずで元気に毎日を過ごすことが出来るかもしれないですよ。

 

出来れば冷たく冷やしてからガラスの器に入れて召し上がっていただくと、涼しげな様子が夏の食卓にはぴったりではないでしょうか?

 

 

『オクラの冷やし汁椀』

材 料

だし汁 100〜200ml

オクラ 8本

細切り昆布 一つまみ

梅干し 一つまみ

淡口醤油 小1〜2

塩 少々

 

作り方

オクラはガクを一剥きしてから茹でて水に取る。

オクラと細切り昆布をミキサーにかけ、だし汁・淡口醤油を加えて混ぜ合わせ塩で味を整える。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてからガラスの器に盛り、中央に梅干しをトッピングする。

*オクラの粘り具合はお好みでさらっと仕上げたい場合はだし汁でのばしてください。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2152
ページの一番上へ