全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布ソフトクリーム | main | 塩昆布オイル >>

シンガポール昆布便り『お菓子事情』

河崎千代美昆布大使(シンガポール)

 

こんにちは!
今日はシンガポールでのお菓子事情をご紹介します。


昆布とよく似ていますが、私たち日本人は海苔と昆布は違うとはっきりとわかっていますよね。
ところが、こちらシンガポールでは昆布と海苔の違いがあまりよく理解されていない人も多くいる様です。

現地友人(シンガポール人)から、「日本の昆布はお菓子としてシンガポールでも人気があるよ。」というので、私が「どんなお菓子なの?」と、尋ねると「黒くてパリパリしているのだけれど、甘目に味がつけてあって唐辛子でホットにしているタイプもあるんだよ!」というデアありませんか?

なんか違う???その時点でちょっとおかしいな?と思った私ですが、親切な友人は
得意げにそのお菓子を私の目の前に差し出したのです。

 

 

これって???
やっぱり・・・私の不安は的中したのです。
目の前に出てきたのは、海苔のお菓子でした。ちょうど味付けのりを丸く巻きあげて棒状にしたスナック菓子です。
パッケージをよく見ると「sea weed」海苔と書いているではありませんか!

 

日本食が世界的にブームになり、シンガポールから日本までは観光旅行でも気軽に行ける距離ですから、よく日本のことを知っているシンガポール人も多いはずですが、まだまだ見分けがつかないことも多くあるようです。

私の子どもの頃には、昆布を油で揚げて甘い蜜に白ごまを混ぜ合わせてパリパリとした食感が懐かしいお菓子がありましたが、今回の出来事はそのお菓子とはちょっと違った間違い話でした。

 

海外の人に日本の昆布をキチンを理解してもらうということは、なかなか難しい事なんだと改めて実感した出来事でした。

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2147
ページの一番上へ