エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< よろこんぶサポーター更新しました♪ | main | ふるさとの味‐昆布といりこ >>

昆布の事情・・・・

soy昆布大使(大阪府)

 

海外の昆布事情・・・
海外では昆布って使われている?
という自分の中の疑問を 解消してみました。
 

 

世界には沢山の国が存在するので、すべてを知る事は不可能ですが、私の行った国では あまり昆布を目にする機会が無く・・・
 日本の昆布の出汁味 やわらかでほんのり甘味を感じる落ち着く味に、出会った事が無かったんです。 

 

 

大体は肉・野菜でスープをとる事が多く どちらというと濃厚な味に出会う事が多かったです。

確かに海外のレシピを見ると 固形ブイヨンの使用率が高いですよね。

 

 

魚介ベースにしている料理も多いです。

 

 

最近は台湾や韓国・香港などの近隣国に行く事が多いのですが、台湾や香港などは 基本は 鶏出汁 魚介もありますね。
味は薄めで アッサリしていますが、日本とは全く異なるものがお料理のベースになっていました。

 

 

韓国に何度も行きましたが、
実は韓国の出汁は 昆布も使われているそうなんですホッ。
どちらかと言えば 最後はキムチ味に仕上がっているので意外!?
 

韓国の屋台で見かける 有名なおでん。

 

こちらもベースは 昆布出汁の事も多いんだそうです!
それには理由があって、韓国にはもともとおでんが無く、日本から持ち込んだもののようですね・・・

韓国でも昆布が使われていた!という事よりも、こんなにも昆布の存在が日本特有の物だという事に驚いています。 

昆布好きの私は、海外での食事に毎回困る理由がわかりました。
美味しいお料理も沢山あるのですが、(´▽`) ホッ とするような味とはまた少し違うんですよね〜。

 

今年も 先月韓国に行ってきました。
台湾・香港・韓国・・・と、まだ近隣国への渡航が控えているのですが、渡航の際には お店の人に「出汁はなんですか?」と聞いて、メニューを決めてみようと思います。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2111
ページの一番上へ