エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< とろろ昆布の栄養価はすごい!とろろ昆布カリフォルニアロール作りました | main | 精進めんつゆ(濃縮タイプ) >>

香港女子が作るMISOスープ

ボルゼネッツ絵美昆布大使(香港)

 

いきなりで恐縮ですが、日本政府観光局の調査によると、2016年の訪日香港人観光客数は180万人以上、リピーター比率がなんと81%だそうです。

香港の人口は約730万人ですので、いかに多くの香港人が来日しているかが読み取れます。

 

実際、最近では、香港人の友人カップルが富山に旬のホタルイカを食べに行くとのことで喜々として出かけていくのを指をくわえて見送りました。

このカップルは今年だけでも既に3回来日しており、週末に美味しいご飯を求めて小さなカバン一つで来日することもあるので私は驚くのですが、同じような人は沢山いると本人たちはケロっとしています。


前置きが長くなりましたが後日、ホタルイカを思う存分味わってきた彼女と家でくつろいでいますと、ひょんなことから彼女の作る味噌汁を食べることになりました。

作り方は、何となく自分で考えて編み出したとのことです。

興味津々に見ていると、出汁は、鶏ガラスープ(小分けに冷凍してストックしてありました)と以前プレゼントしていた真昆布でグツグツと。

具材はその時に冷蔵庫にあったトマトとオクラ、毛瓜、パプリカ。 味噌は甘めの米味噌で、トッピングはワカメでした。

ちなみに、トマトは具材に加えることで、出汁が少々薄くても味の補強になるとの理由で、だいたい常に入れるそうです。

 

 

スープ皿にスプーンで供された味噌汁を頂いてみると美味しく、色々な野菜を摂取できて良いなぁという印象です。

和の素材を気軽に生活に取り入れ、楽しむ香港女子の柔軟さが素敵で、新鮮な体験でしたので共有させていただきました。

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2090
ページの一番上へ