エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< ゆば鍋 | main | とろろ昆布の栄養価はすごい!とろろ昆布カリフォルニアロール作りました >>

北前船主の館 右近家

大石ひとみ昆布大使(兵庫県)

 

大石ひとみ 昆布のツアーレポート

 

ご縁をいただき越前ツアーに行くことができました。中でも印象的だったのが、「北前船主の館 右近家」。

北海道の昆布などを積んで 江戸後期〜明治中期にかけて日本海・瀬戸内海・上方の流通に重要な役割を果たした”北前船”をテーマとした資料館です。

 

 

当館は、旧船主右近権左衛門家の12代当主が本宅等の管理を村に委ねられたのを機に、平成2年5月に開館された建物です。
案内役の方が廻船−海運の歴史物語を熱心に聴かせてくださりました。


昆布職人が多かった敦賀。北海道の昆布が昔から根強い人気があったことや、大阪に行くのは上り、全国からの物資が集まる大阪が天下の台所で敦賀との深いつながりがあった時代の様子もよくわかりました。


眺めのよい高台に昭和8〜10年にかけて建てられた西洋館からの景色も格別、全てにおいておすすめのスポットです(*^^*)

 

 

次は、昆布館や小浜市の御食国についてもご紹介させていただきたいと思っています。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2088
ページの一番上へ