エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布とマクロビオティック | main | おうちご飯 >>

昆布料理は気軽に臨機応変に

川本江吏子昆布大使(愛媛県)

 

昆布、わかめ、もずく、海苔、ひじき。
品質が良くお気に入りがあるのも手伝って海藻類を日常よく食べます。

 

住んでいる土地ではなかなか手に入りにくい砂わかめ(茹でずに砂をまぶして干して保存してあるので香り高い)を送っていただいたので、バケツでザブザブとよく洗い、その後土鍋で茹で一口大に切り、サラダにしたり筍とよく合うので、煮物にしました。

 

茹で汁にはわかめの風味が残っているので捨てずに濾し、昆布と鰹節の出汁に加え、ホタテの稚貝のお味噌汁に。
とっても美味しいです。

 

 

こんな風にして、昆布料理は気軽に臨機応変に美味しく頂いています。

 

前日には、海老やイカでブイヤベースを作りましたが、昆布を切ってスープ作りの際に使うと、和風に限らず何にでも合うのが昆布の良いところ!
自然に調和し味の奥に深みも出て、薄いスープでもとても美味しく頂けます。
小さなお子様にも人気ですよ。

 

お汁物を作る時、いつでも昆布をお供に。
是非お試し下さい♪

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2083
ページの一番上へ