エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 迫力!昆布が主役 de 土鍋大根 | main | 昆布水の実力 >>

味噌の保存に昆布

ノザワエミ昆布大使(福岡県)

 

お味噌の主な原料は大豆と塩。そこにどんな麹を加えるかで味噌の種類が決まります。


●米みそ 大豆+米麹
●麦みそ 大豆+麦麹
●豆みそ 豆麹
●合わせみそ 「米みそ+豆みそ」、「米みそ+麦みそ」など異なる2種類以上の味噌を合わせたもの

 

味にも違いがあり、食塩の量と麹の分量によって甘口、辛口などに分かれます。
麹が多く入っている味噌のほうが甘くなります。

我が家では料理ごとにみそを使分けるので、常に冷蔵庫に数種類のみそが入っています。
毎日作るお味噌汁も具材やその時の献立によってみそを変えて使っています。
以前は種類ごとに容器の色を変えて保存していました。
見やすく冷蔵庫で迷子になることもなかったのですが、頻繁に使う調味料なだけに、いくつもの保存容器が冷蔵庫やキッチンに並んでいると場所もとるし、作業効率が悪くなるのが難点でした。容器の開け閉めも正直面倒。

 

 

そこで、我が家では少し大きめのホーロー容器を使い、昆布を仕切りにして数種類のみそを保存しています。昆布と接している部分のみそは昆布のエキスを吸って美味しくなるし、昆布もお出汁兼具材としてみそ汁に活用でき一石三丁!!!
教えていただいたときは目からウロコでした。
みそ保存の際に昆布。おすすめです。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2047
ページの一番上へ