全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 浸し豆 | main | 迫力!昆布が主役 de 土鍋大根 >>

昆布を洋風に。 簡単オツマミシリーズ

宮崎智子昆布大使(福岡県)

 

昆布を洋風に。
簡単オツマミシリーズ

仕事終わりにワインのおつまみにいかがでしょう。

昆布はカルシウムが含まれるので、仕事のあとのイライラ解消に。
大豆のたんぱく質と細胞の壁を作ってくれるオイルが一緒に取れるので、たった一品でダイエット・美肌が期待できます♪
そして、昆布とスパイスを使うことで塩を減らすことができ、減塩になります。

大豆の水煮は圧力鍋でとっても簡単にできあがるので、三時間前にちょっと下準備しておくだけで、料理時間は5分程度です。

 

【大豆オイル煮】


<材料>
切り昆布 5g
大豆   40g
水煮用水 120cc(大豆の3倍のお水)
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々
にんにくパウダー 適量
クミンシード 適量
ローズマリー 適量
ドライパセリかみじん切りパセリ 適量

 

<作り方>
1.大豆を圧力鍋で加圧1分し、3時間程度そのまま放置
2. 昆布を水で戻しておく(水 分量外)
3.フライパンにオリーブオイル・にんにくパウダーを入れ、火にかける
4.にんにくの香りが出始めたら、大豆・昆布・塩・スパイスを全て入れて炒める
  (2のだし汁も一緒に入れて炒り煮にすると贅沢です)
5.瓶に入れ、冷蔵庫で常備することができます

スパイスをガラムマサラに変えて、カレー味も美味しいです。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2045
ページの一番上へ