全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 細切り昆布とじゃが芋の煮物 | main | おせち料理には昆布 >>

茶殻を活用!昆布で活きる炒め物

コンブリアン唯昆布大使(東京都)


私は某ジムで主にダイエットをサポートするトレーナーをしています。
ダイエットをしたい時に大切にしたいのは、筋量を維持したまま痩せること。
筋肉量も減らしながらのダイエットは、ストレスや食事制限が原因であることが多いです。
筋量を維持したまま、体脂肪にだけアプローチができるダイエットに最適なメニューを掲載いたします。
低糖質と、高たんぱくがポイントです。
 

〜茶殻を活用!昆布で活きる炒め物〜

 

 

【材料 2人分】

・厚揚げ1丁
・茶殻 (今回は大さじ二杯半量)
・小松菜2把
・じゃこまたはしらす80g
・昆布茶小さじ2杯〜大さじ1杯
(物足りないなという方へ)
のりやサクラエビ、ごま・生姜を追加されるのがおススメです。
・ごま油大さじ1杯
 
これらを好きな大きさに切り、最後のごま油で炒めるだけ!
 
タンパク質約30g
カロリーが約427kcal
糖質6.4g

入っているので、女性であれば2/3量を召し上がられると一食あたりに丁度良い量のたんぱく質になりますので、おススメです。
茶殻にも実はたんぱく質が入っているので、茶殻を活用したこともポイントです。
お好みで、生姜または紅ショウガを加えて加熱することで、ジンゲオールからショウガオールに代わり、
より体温上昇の効果が期待できるのです。

このお惣菜は、特にお昼や夕食にお勧めです。
昆布で血糖値の急上昇を抑制し、たんぱく質をしっかり摂って、健康的に痩せるようにしていきましょう!
ご覧いただきありがとうございます。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2038
ページの一番上へ