エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< はらこ飯 | main | 今年も「よろこんぶ」な一年でありますように >>

鯛と帆立の昆布締め

川本江吏子昆布大使(愛媛県)

 

 

昆布料理と言えばコレでしょう‼︎
柵でもお刺身の切り身からでもどちらでもOK!
美味しい昆布さえあれば、失敗なしで作れます。

家庭で食べるのであれば、プロの料理人みたいな細かいレシピでなくても素材をよく選ぶこと。そうすることでよけいな味付けも必要なくなるので、シンプルに作る事ができます。

5分もあれば仕込み完了なので是非、年末年始、人が集まる場への一品としてもお試し下さい。
失敗なしです!

 

〜材料〜
・新鮮な鯛、帆立
・利尻昆布

 

‖笋貿く塩をしてキッチンペーパーで包み、ラップをして冷蔵庫に10分ほど置く。

 

➁利尻昆布の上に並べて昆布ではさみ、ラップできっちり包む。

 

➂半日、又は一晩置いたら出来上がり。

※ 私は普段、実は塩はしません。美味しい昆布を使っているので、その塩気だけでするのが好きだからです。
ですから、昆布で挟むだけです。

2、3日グググーッと締めて楽しんだりもします。
噛みしめる程に美味しい!というような食感になります。

➁でお酒をふるレシピもありますが、私はこれもしていません 笑
新鮮なお魚を選び昆布にきっちり包むことで、臭みも全くなく美味しく頂いています。

鯛から出た水気を昆布が吸い、鯛には昆布の旨みが移り、とても美味しいメニューです。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2017
ページの一番上へ