エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< ジャパンハーヴェスト2017に出展! | main | .潺腑Εととろろ昆布味噌のせ油揚げ・豆乳とろろ湯豆腐 >>

赤こんにゃくの煮物

山田恵美昆布大使(滋賀県)

 

こんにちは。

昆布大使になって昆布に対する意識が大分変わって来たように思います。
子供達が保育園に入り、仕事も忙しくなると、気を付けているつもりでも、同じ料理ばかりになってしまったり、ついつい手抜き料理ばかりになっていました。


昆布…も食べていたか、と言われるとあまり食べていなかったような…。ですが、昆布大使就任が決まり、子供達と一緒に昆布を食べていこう!一緒に学んでいこう!となり、今ではスーパーの昆布売場巡りをしたりして、昆布水用の昆布が売っているのにびっくりしたり、水を入れるだけで納豆のようにネバネバする味付きの納豆昆布を買ってみたりと我が家も昆布尽くしになってきています。
そして、おやつに酢こんぶを出してみると、子供達に大ヒット!じっくりと噛み噛みして、美味しい💗と食べてくれるようになりました。

 

今回は、私が住んでいる滋賀県近江八幡市で食べられている赤こんにゃくの煮物を作ってみました。

 

昆布と鰹の合わせだしに醤油、みりん、酒、砂糖で味付け。出汁を取った昆布も、刻んで入れています。


この赤こんにゃくですが、見た目は辛そう、と思われるかたもいるかもしれませんが、実は辛くありません。

三二酸化鉄で着色されており、煮ても脱色しません。近江八幡市の伝統食品で給食でも食べられています。
赤こんにゃくの由来は諸説ありますが、派手好きな織田信長がこんにゃくまでも赤く染めたなどとも言われています。
赤こんにゃくには板こんにゃくや丸こんにゃくもありますが、子供達も食べやすい、突こんにゃくを今回は使いました。
美味しくぱくぱく食べてくれました。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/2007
ページの一番上へ