全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 母の味 昆布の佃煮 | main | とろろ昆布で和風酢豚 >>

美味しい昆布出汁の取り方とオススメの保存方法

佐藤由佳子昆布大使(東京都)

 

 昆布出汁の取り方と言えば、火にかけて沸騰直前に取り出す方法や、水に浸けて冷蔵庫で1晩置く水出しの方法などがありますが、私の一番のおすすめは”煮出す”方法です。
昆布の旨味がしっかりと感じられ、汁物や野菜料理との相性が抜群です。
是非お試し下さい。

 

 

 

●昆布出汁の取り方

 

1)1リットルの水に対して昆布10g〜15gを鍋に入れ、30分浸ける。
※昆布の種類・量はお好みですが、利尻昆布の場合は繊維が硬い為、30分以上浸けておく事をおすすめします。

 

2)1)の鍋を弱火にかけ、鍋の中に気泡が出始めたら、とろ火(最小限の火力)にして30分間煮出す。
※ごく弱火で煮出すのがポイントですので、決して沸騰させないでください。
また蓋をすると沸騰しやすくなるので、蓋はしないでくださいね。

 

3)昆布を引き上げ、常温に冷ましてから冷蔵庫で保存し、2〜3日で使い切る。

 


●オススメの保存方法

 

毎日お出汁をとる時間がない方には、冷凍保存がオススメです。
時間のある時に多めに作ってストックしておくと、使いたい時にいつでも美味しいお出汁が使えて、とても重宝します。
風味が落ちるのを避けるため、3週間を目処に使い切りましょう。

 

1)製氷皿での保存
少量の場合など。大さじ1ずつ計って保存しても、使う量がわかって便利です。

 

2)ペットボトルでの保存
我が家では、500mlのペットボトルでストックしています。
前もって冷蔵庫に移して解凍しますが、急ぐ場合は、水かぬるま湯をはったボウルに浸けておくと早く解凍できます。

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1982
ページの一番上へ