全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 【9月】おすすめ昆布レシピを更新しました | main | 「昆布川柳」締切迫る!9月15日まで >>

夏の疲れを癒す、「トマト&昆布料理」

松橋佳奈子昆布大使(愛知県)
夏の疲れを癒す、「トマト&昆布料理」2品をご紹介します
9月に入って暑さも一段落してきた頃に、
夏の疲れは出やすいものです。
「なんとなく身体が重い」「食欲が湧かない」といった
気になる症状はありませんか?
今回は、そんな時にもおすすめの
昆布出汁を使った、夏の疲れを癒すトマト料理を2品ご紹介します。
トマトと昆布の両方から美味しい出汁が出て、
ジーンと身体に染み渡ります。
ただし、トマトには身体を冷やす作用があるので、
加熱したり薬味を加えたりして、温かくして食べたいですね。
■プチトマトと昆布の炊き込みごはん
プチトマトと昆布を炊き込んだ、
見た目も可愛らしい、炊き込みごはんです。
トマトのジュワッとした酸味と、昆布のやさしい旨味が
疲れた身体に染み込みます。
材料は、米1合に対して
・プチトマト5〜6個
・昆布(5センチ角)1枚 →水で戻して1センチ角にカット
・酒 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2
・塩 小さじ1/5
です。
プチトマトから水分が出るので、水加減は少な目にしてください。土鍋を使うのがおすすめですが、炊飯器でも美味しく作れます。
■昆布出汁でつくる、トマトの味噌汁
「暑い時期には味噌汁は飲みづらい…」という方にぜひおすすめ。
トマトの酸味と昆布の旨味で、爽やかに召し上がっていただけます。
タップリのみょうがが、食欲を高めてくれますよ!
材料(2人分)は、
・トマト1/2個(プチトマトでもOK)
・油揚げ1/2枚
・みょうが1/2本
・昆布出汁350
・赤味噌(無ければ合わせ味噌でも)小さじ2〜3
です。
トマトを湯向きしてさっと加熱するのが、美味しく作るポイント!
それ以外は、基本的にいつもの味噌汁の作り方と同じです。
(1) トマトは、湯向きする。
(十文字に切れ目を入れて、熱湯に5秒位沈めて冷水に取り、皮をむく)
(2) トマトと油揚げは一口サイズ、みょうがはせん切りにする。
(3) 鍋に昆布出汁を入れて加熱し、沸騰したらトマト・油揚げの順に加えて
弱火で1分位煮る。火を止めて、味噌を溶く。
(4)器に盛って、みょうがを添える。
夏の疲れを早めに解消して、健やかな秋を迎えたいですね。
今回ご紹介したトマト&昆布料理、ぜひお試しください!
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1936
ページの一番上へ