エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 熱中症に気をつけて! | main | 【9月】おすすめ昆布レシピを更新しました >>

貝殻棹前出漁と昆布ブーム

小土道治昆布大使(北海道)

 

 

 日本最東端の昆布を採取している昆布漁師の小土です。


 6月より歯舞地区の棹前昆布漁が解禁になりました。
今年度は流氷に昆布が擦りとられ、海水温が上がらず昆布が育たないという状況で漁獲が例年の半分以下の漁家が多くありました。
自然相手、天気相手のなかなか思うようにいかない商売で、なかなか安定した出荷が出来なく、棹前昆布を楽しみにされてる方には申し訳無い限りです。

 漁はなんとか10日でましたが、例年とくらべ未成熟なため食べる分にはとても良いものだと自信があります。
昆布漁は毎年漁獲の浮き沈みがあるので、こればっかりはしょうがない事なんです。


 そんな流れの中、テレビで昆布の話題が出たりして少しブームになりかけたのではないかと思います。
ただ昆布はブームにして欲しくないのが個人的な意見です。
ブームは一瞬で過ぎます。
過去にもフコイダンとかもろもろでブームにはなりましたが一瞬で終わった様な気がします。
昆布は余計に目立ったらダメなんです。
なんとなく食べてみて使ってみて、なんとなく「いいなー」ってなって、また食べる使ってみるというサイクルが一番いいパターンなんです。
ブームになって一部の種類の昆布が売れると、他の昆布がダブつき、結果 ブーム以外の昆布で本当に良いものが店先に並ばなくなる可能性があります。


 国産以外の物が並ぶ可能性もあります。
北海道は昆布大国です。
北海道に勝る昆布は無いと思っています。
むやみに昆布ブームに乗らないで欲しいなーと思う昆布漁師でした。

 

 

画像は棹前昆布の日入れと6月の前浜昆布で、昆布の一歳児、ぼこぼこした昆布は、商品のではなく昆布の名前の若いトロロ昆布です。

 

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1934
ページの一番上へ