エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 2017年度昆布大使大募集! | main | 【8月】おすすめ昆布レシピを更新しました >>

昆布食育教室「よろこんぶ」

7月26日(水)神奈川県海老名市立今泉小学校のサマースクールで
昆布食育教室『よろこんぶ』を開催しました。

 

場所/神奈川県海老名市立今泉小学校
参加者/5・6年生17名、PTA関係者5名、市食生活改善推進員10名
時間/120分

 

始めに「昆布のお話」を東京昆布協会の藤田会長(京浜海藻社長)にして
いただきました。


・昆布の産地
・昆布の種類
・昆布漁の様子
など、クイズを交えてのお話でした。

 

 

用意いただいた折昆布は7.5メートル!
実際に全部伸ばしていったら、長いですねー!
教室を斜めに横断する長さでした。

 

 

利き昆布では、
日高昆布、利尻昆布、羅臼昆布の3種類の昆布だしを飲み比べました。

 

 

一番人気は、日高昆布。
17人中11人の児童の皆さんが一番好き。
と答えてくれました。

 

 

普段、ご家庭で飲んでいる味に近いという声が多かったようです。

 

次に昆布と昆布の加工品の試食では、
だし昆布、塩昆布、とろろ昆布をグループごとに試食してもらいました。

 

 

ここでは、「塩昆布」が大人気。

 

 

お代わりを3回したグループもあったようです。

 

後半は、昆布大使の蒲澤章子さんによる出しの取り方の
デモンストレーションです。昆布大使の安達章子さん
サポートをお願いしました。

 

昆布だしから一番だしへの調理デモでは、
教室内にとってもいい香りが漂い、「飲みたい!」声が満載でした。

 

 

味噌汁の飲み比べでは、
1.水+味噌
2.昆布出し+味噌
3.合わせ出し+味噌
の3種類を飲み比べました。

 

やはり圧倒的に「3.合わせ出し+味噌」が人気でした。

 

アンケートでも「合わせ出しの味噌汁が美味しかった」
という感想をたくさんいただきました。

 

子ども達からの質問では、
・昆布の名前の由来は?
・昆布にはどんな食材が合うか?
・昆布の保存の仕方について
・安い昆布を高級にするには?
などの質問には、河邊商店の社長に答えていただきました。

 

 

参加してくれた今泉小学校の皆さん、一生懸命聞いてくれてありがとう!
また、サポートいただいた海老名市食生活改善推進員の皆さま、本当にありがとうございました!

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1916
ページの一番上へ