エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 【5月】おすすめ昆布レシピを更新しました | main | ヘルシーチヂミ >>

昆布をめぐる旅 沖縄へ

松田真枝昆布大使(北海道)

 

北海道から遠い遠い沖縄。

その昔、どうして昆布が琉球にまでたどり着いたのか、それもどうして道東の長昆布だったのか。知りたくて沖縄に出かけました。以下、ざっくりすぎる「想像の世界」です。良かったらご一緒に想像の旅へ出かけましょう。


昆布は昔の中国では薬として珍重されていたので、江戸幕府の鎖国の下では薩摩藩が密貿易で琉球経由で中国に昆布を売り、その利益がのちの倒幕費用となったとのこと。富山の薬売りたちが昆布を薩摩藩に売ったのでしょうか。
さて、首里城では遠くからの使者たちをその人たちの国の料理でもてなしたといいますから、昆布出汁の料理もあったかもしれません。もし、そうであれば関西からの客人の長い航海の疲れをどんなにか癒したことでしょう。


次にどうして出汁昆布ではなく、長昆布が沖縄で使われているのか考えました。
出汁昆布は北陸・近畿で消費されつくされ、長昆布が琉球に運ばれてきたのでしょうか。薬として売るなら、幅が広いよりも少しは軽くて切りやすい、小分けにしやすいことも大事だったかもしれません。
18世紀に琉球で豚を食べるようになったことも長昆布が浸透していくことにつながったのかも。なにかのきっかけで豚とあわせてみたらおいしかったとか、中国の料理で豚と昆布の組み合わせがあって中国からの使者のもてなしに使ったのがゆるゆると庶民に伝わったのかなぁとか。


ここまでは私の「想像の話」。
土地の人たちから昆布の話を聞いたり琉球の歴史に触れたりすることで想像の世界を広げる楽しさ。
ひとつの食材で、こんなに話ができるなんて、昆布ってすごいなぁ。と、その面白さにまたはまる旅になりました。
想像から事実を知ることへつながるように、また、発見があるように昆布を楽しみたいと思います。

 


写真はこんな風に作りたいと思ったクープイリチー(昆布の炒め物)。
今は細切りで売っているけれど、伝統料理での切り方があるそうです。

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1853
ページの一番上へ