全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< テキトーがいちばん! | main | だし昆布の再利用レシピ「沖縄風炊き込みご飯(クーブジューシー)」 >>

ナポリのソウルフード ゼッポリーネを昆布で

曽布川優子 昆布大使(東京都)

 

イタリアは海草類を食べないと言われていますがカンパーニャ地方のナポリ近郊は特別です。
ピッツァの生地に海藻を練り込んで小さく丸めて揚げた
”ゼッポリーネ”はピッツァリアなどで出されるアンティパスト。
郷土料理の一つです。そんなゼッポリーネを昆布だしと
だしを取った昆布で作ってみました。
周りはカリッと中はモチモチ昆布の旨味と香り また刻んだ昆布の食感が楽しい食べ出したらとまらない一品です。
お試しください。

 

 

材料(22個分)75分(発酵時間含む)
強力粉 80g
薄力粉 80g
塩 1g強
砂糖 ひとつまみ
イースト 5g
オリーブオイル 小さじ2
昆布だし 60cc
昆布 70g(一晩漬け込んだもの)
揚げオイル 適量

 


レシピ
/500ccに刻み昆布10gを加え一晩置く
△弔韻榛布の水気を切り細かく刻む
ボウルに強力粉と薄力粉を入れ真ん中をあけ
ぬるま湯程度に温めた昆布だしを大さじ2入れ
溶かしたイースト オリーブオイル 塩・砂糖
刻んだ昆布を加える
ず布だしを少しづつ加えて混ぜ合わせ
ボウルに打ち続けながら練り込み
生地がべたつかなくなったら丸くまとめ
ラップをかけて1時間位置く
デ椶阿蕕い頬弔蕕鵑誓乎呂鬟好廖璽鵑覆匹
丸くすくって揚げオイルに入れてあげる


★揚げるとふくらむので少しずつ入れていきます
★1個14g位の大きさです

 

 

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1845
ページの一番上へ