エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 三陸・陸前高田の大きな昆布 | main | ナポリのソウルフード ゼッポリーネを昆布で >>

テキトーがいちばん!

黒澤東江 昆布大使(山梨県)

 

寒さも残る3月上旬、毎年恒例のお味噌作りをしました。

大豆を丸一日かけて柔らかく煮て、臼と杵でこなします。

 

 

 

ここにちょっといい塩と自家製の麹を混ぜたらあとはじっくり待つだけで美味しいお味噌になります。

 

 

今年は麹を贅沢に使ったので樽みちみちになりました。出来上がったら昆布だしで美味しいお味噌が毎日飲めますね(^ν^)

大豆が目の前でぷくぷくになっているので思わず昆布と一緒に煮ました。

 

 

 

畑でごぼうも獲れたので、きんぴらも。

 

 

味付けはどちらも昆布水とみりんとお醤油だけです。

 

 


先日、昆布の勉強会に参加しました。昆布の歴史や各種昆布水の飲み比べ、食べ比べなどを体験したのです。

 

 

 

 

直近の感想は『昆布奥深いな…』でした。
あとあと!適当でいいんだよ、ってことを学びました。
わたしの中ではここが一番大切なことで、人に昆布を勧めるときも、お出汁のとりかたは適当でいいんだよってプロも言ってた!と声を大にして言えます。


さて、お家に帰って我が家の昆布水と比べてみたらまぁお出汁の薄いこと!生まれつきの貧乏性のためか飲み比べをした昆布水の半分程度しか昆布は入ってませんでした(それでも美味しく毎日使ってたけど)。
《水1リットルに昆布20グラム》を覚えて帰ったので、今はこの分量で作っています(そこはやや適当に)。
もともと適当な性格なので、先の大豆煮やきんぴらも昆布水ばしゃー、みりんたら〜り、しょうゆつつー…と作っています。味が濃かったら昆布水を足せばいいし、薄ければお好みで。


昆布大使になって数ヶ月、適当な感じでやってきて、こんなに昆布が身近になりました。
お醤油やみりんと同じように、そこに昆布水がある。
お米を研ぐように昆布水をつくる。生活の一部になればなにも難しいことはありませんでした。
適当でいいんですよ、テキトーで。
大好きな言葉だなぁ、テキトー!

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1844
ページの一番上へ