エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 昆布のピリ辛つまみ | main | 昆布の収納 >>

秋田の郷土料理 ほろほろ 

蒲澤章子 昆布大使(東京都)

 

『ほろほろ』と呼ばれる秋田の郷土料理をご存知ですか?真鱈の生のたらこと根菜を甘辛く炊いた、冬から春にかけての季節限定のお料理です。生たらこもそろそろ名残です。切り昆布を加えて炊き上げると旨みが一層増します。ご飯の上にのせて食べると止まらない美味しさ。常備菜にもおすすめです。

 

 

(材料)4人分
真鱈生たらこ・・・1腹(200〜300g)
日高昆布・・・・・10g 
人参・・・・・・・100g
ごぼう・・・・・・100g
しらたき・・・・・100g
サラダ油・・・・・・大さじ1
昆布を浸けた水・・・100cc
A砂糖・・・・・・・大さじ3
A醤油・・・・・・・大さじ3
A酒・・・・・・・・・大さじ3

 

 

作り方


下準備      しらたきは下茹でしておきます。

              昆布は水に浸けてから細切りにします。

 


 1  1人参・ごぼうは笹がきにし、しらたきは食べやすい長さに切ります。
2  生たらこは包丁の背でこそげて、皮から卵を取り出します。 
3  鍋を熱して油をひき、しらたき、人参、ごぼうをしんなりするまで炒め、
4  水、昆布、Aの調味料を入れて煮ます 
5  火の通りにくいごぼうを食べてみて、火が通っていたら1の生たらこを加えてサッと煮ます。

 

 

 
ポイント

 

出来立ても もちろん美味しいですが、一度冷ますと根菜に一層味がしみてより一層美味しさがアップします。
ボリュームアップでちくわなどの練り物を入れても美味しいです。

 

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1836
ページの一番上へ