エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 何度も作りたくなる美味しさ昆布大福 | main | うま味の相乗効果 >>

昆布を敷いて

田邉佳子昆布大使(兵庫県)
……………………………………………………………………
牡蠣の美味しい季節です。
相方の出身が、瀬戸内海に面した場所なので、

新しい食べ方を教えてもらうことがあります。
そのひとつが、牡蠣の昆布焼きです。

 

昆布をふんだんに使うのに慣れてない私には、勿体無い使い方なのですが、
一枚昆布を固く絞った布巾でサッと拭き、牡蠣をのせて魚焼き器で焼くだけです。

 

今回は、焼いた後の昆布も、細切りにして酒の肴にしました。
牡蠣の旨味と塩気が良い感じでした。

 

今回は、もうひとつ。
道南産の昆布で鯛を昆布締めにしました。

 

待つこと3時間。
昆布締めにした外側に、皮を剥いた八朔を添わせ、

八朔も昆布締めにしてみました。

 


オリーブオイル、胡椒。チャービルを添えてカルパッチョ。
八朔の酸味に旨味が加わり好評でした。

……………………………………………………………………

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1803
ページの一番上へ