全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 産地から、世界に広がる昆布のうまみ | main | 昆布の日記念 第8回「昆布川柳」コンテスト結果発表! >>

ジャパンハーヴェスト2016に出展!

2016年11月5日(土)、6日(日)の2日間開催された
農林水産省主催「ジャパンハーヴェスト2016」に参加しました!
テーマは『おいしい国産情報が探せる・見つかる「食べよう、国産!」』。
日本昆布協会は、和食文化体験コーナーに出展しました。

 

イベントは東京丸の内で開催。

 

2日間とも晴天に恵まれ、2日間合わせて、

15万人の来場者があったそうです。
昼前からは大にぎわい!
 

 

 

昆布協会のブースでは、真昆布のだしの試飲をしていただいたり、
レシピを紹介した「よろこんぶレシピBOOK」と
だしをとった後の昆布の活用方法のレシピカードを配布。

 

真昆布のだしの試飲には当初計画を超える3000名の方に味を堪能していただきました。

 

 

試飲いただいた方からは、
「こんなに旨味がでるの?!」
「これ昆布だけの味?」
「だしが美味しいとお料理のスタートが違うわね」
「癒される〜」
と、驚き、感動など沢山のお声をいただきました。

 

試飲のほかにも、
ブース内では真昆布、利尻昆布、羅臼昆布、日高昆布、長昆布の現物も紹介。
それぞれの昆布の特徴やおすすめの料理方法など、
たくさんご紹介させていただきました。

 

 

子どもたちは、初めて見る昆布に、じかに触ってみて、
「こんなにカチカチなの?」、「昆布ってどうやってとれるのー?」と興味津々。
昆布漁の写真を見ながら、昆布がとれるまでを学んでもらいました。

 

途中、自民党の農林部会長、小泉進次郎代議士がブースに立ち寄られ、
昆布協会のブースが一時騒然となった時もありました。

 

今回は、和食文化体験コーナーでの出展ということで、

かつおだしの試飲(にんべん)、お味噌の食べ比べ(マルコメ)、

お味噌汁の試飲(和食文化国民会議)など

数多くの方々に日本食の魅力を改めてお伝えする機会となりました。
他の和食文化の専門団体と協力しあうなど貴重な経験でした。

 

 

 

今回2日間のブース出展では、
6名の関東在住の昆布大使さんにPRを担当していただきました。

 

5日:縄文弥生さん、加納舞乙さん、蒲澤章子さん、林くみ子さん
6日:石川貴代さん、縄文弥生さん、蒲澤章子さん、橋本尊史さん
2日間、昆布のPR活動ありがとうございました。

 

また、ご来場いただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、

大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1740
ページの一番上へ