エントリー

全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

<< 目指せ昆布美人! | main | 青刻(あおきざみ)昆布発祥の地 >>

みそ昆ボール

 白沢 千春昆布大使(東京都)
……………………………………………………………………

日本人のソウルフードである、お味噌汁!
温かい味噌汁は、体を温め、消化・吸収を助けて食欲を増すだけでなく、
発酵食品としてさまざまな効能が注目されています。

10372776_563891620395712_2761721299356732293_n[1] - コピー.jpg

みその原料である大豆成分中に含まれる物質は、
がん予防に有効とされるほか、みそに含まれる乳酸菌が老化防止に役立ち、
大腸の働きを活発にしてくれます。

また大豆たんぱくは、コレステロール値を低くする働きをもっているため、
動脈硬化や心臓病を予防したり、しみ、しわといった老化現象も防いでくれます。
その他にも、肝障害予防、肝臓の解毒効果、美肌効果、便秘・下痢の予防、
豊富なカルシウムによる骨や歯を強くする効果など、
お味噌汁は、とても栄養効率のよいものなのです!


そんなお味噌汁に加えた「がごめ昆布」は、昆布の中でも粘りが強く、
アルギン酸、水溶性食物繊維、フコイダンといった健康成分が豊富なことにより、
糖分の消化・吸収を緩やかにして血糖値を調整し、
糖尿病の予防効果が期待できるほか、全身の免疫力を高めたり、
高血圧、動脈硬化などの予防にも有効とされているなど、
数々のパワーを秘めた健康食品としても大きな注目を集めています。


つくり置きしておけば、忙しい朝の1杯、あるいはお弁当用としても、
手軽にお味噌汁を味わうことができますよ♪
ぜひ作る楽しみも含めて、お試しくださいね!

《材料》
・味噌 100g
・カットわかめ 5g
・ねぎ 10
・がごめ昆布(粉末) 大さじ1

《作り方》
ねぎは小口切りにする。
全ての材料を混ぜ合わせて、8等分に分けて丸める。
  (このとき、がごめ昆布はネバリが出やすいので、
     手で丸めにくい場 合はラップを使用すると形成しやすい)
オーブントースターに入れて、表面が焦げる程度に焼く。
たべる直前にお湯を注ぐ。冷凍保存してもよい。

……………………………………………………………………
コメント
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kombu-net.jugem.jp/trackback/1115
ページの一番上へ