全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

昆布の水出しであんかけ焼きそば

縄文弥生昆布大使(東京都)

 

細切り昆布の食感と昆布出汁の餡のあんかけ焼きそばを店で食べたのをヒントに作りました。

 

 

豚肉(塩豚を使いました)、トウモロコシ、春菊、人参、まいたけを炒めます。

その上にきざみ昆布の昆布出汁を入れて混ぜます。
とろみは水溶き片栗粉、または片栗粉の顆粒状のとろみをつけるものを使いました。
味付けは好みで塩や醤油を入れてください。

 

 

家にある焼きそばを焼きます。
私は麺に焦げ目を少し最後につけます。

 

 

昆布のうまみが出た出汁と細切りの昆布の食感があるあんかけ焼きそばが出来上がりました。
あんかけが残ったので、翌日はごはんにかけて丼にしました。
これからの季節、夏野菜をもっとふんだんに活用して昆布出汁あんかけを作るのも面白いかもしれません。

 


詳しくはこちら→http://ameblo.jp/odamari2424/entry-12289908434.html

昆布と野菜のピクルス

チャペス昆布大使(埼玉県)

 

 

7月になって、毎日、蒸し暑い日が続いて、サッパリしたいものが食べたくなりますよね。


そこで今回ご紹介するのは、こちら

 

 

昆布と野菜のピクルス

 

<材料>
・昆布 適量
・野菜 お好みのものを適量
・米酢 400ml
・砂糖 大さじ6
・塩 小さじ2


<作り方>
1:昆布は、お好みの大きさにカットする。
2:皮むいた大根・人参と、きゅうり、パプリカもお好みの大きさにカットする。
3:ミニトマトは、湯むきするか、竹串しで穴を開ける。
4:容器に米酢・砂糖・塩をよく混ぜて、昆布と野菜を入れて1日漬け込む。

 

 

常備しておくと便利で、冷蔵庫で1週間くらい保存可能です
熱を加えなくても、しっかり味が染み込んで、酸味が少なく、旨みがあって美味しいですよ


ブログにもアップしています↓
http://ameblo.jp/chapesujp/entry-12289877879.html

こんぶ活用術

大倉由美昆布大使(広島)

 

 

6月16日広島市河内公民館において、「こんぶ活用術」と題して、講座を開催しました。
当日は17名が参加しました。

 

 

産地ごとの昆布を見ていただきながら、昆布のお話しを進めていきました。

 


そのあとは利き酒ならぬ利き昆布、味が違うのを確かめていただきました。
なかなか飲み比べることはないので、こんなに違うのですねとの感想が聞けました。

 

昆布だし、混合だしの取り方も実際に見ていただきました。

今が旬の食材と合わせた昆布メニュー、いよいよ調理開始です。

 

今日のメニューは

 

★塩昆布と新生姜のごはん
★とろろ昆布のお吸い物
★かつおの南蛮漬け(昆布だし使用) 
★クーブイリチー
★昆布の佃煮
★昆布の鬼まんじゅう (だしを取った後の昆布利用)

 

 

班ごとに手際よく、あっという間に完成しました。

今日のメニューは650キロカロリー(鬼まんじゅう除く)、栄養バランスのいいメニューです。


試食した皆さんからは、昆布だしを取ると減塩にもつながるし、家でもぜひ作ってみたいと嬉しい声が聞けました。
今後も講座を通じて、昆布のよさを伝えていきたいと思っています。

60度60分の昆布ダシ

田邉佳子昆布大使(兵庫県)

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
月に一度、野菜料理のレパートリーを増やすため、切り方や調理法など実験のように変えながら食べ比べる「野菜ラボ」という料理教室をしています。


その中で、昆布だしの美味しさを味わってもらおうと、60度のお湯で60分かけて真昆布からダシを引いて味わっていただきました。料理界では、この方法で引いた昆布ダシが一番美味しいと言われているそうです。
教室に参加された方からは、そのふくよかな旨味に、昆布ダシに対する考えが変わったとも言われました。

 


 

 今回は、他の旨味との相乗効果も味わってもらうため、鰹の本枯れ節(厚削り)と干し椎茸の戻し汁もお出ししました。

 

 

 お題の野菜は、トマトとキュウリ。干したり、冷凍したり、調理も炒めたり煮たり、いろいろ試しました。キュウリを煮てダシにつけた煮浸し、トマトもひと晩ダシ汁に漬けたものも好評でした。

 

 

 夏は、食欲が減退することが多いですが、ダシの香りと旨味でスルッと野菜が食べられます。

昆布はダシの中でも色と香りは地味ですが、動物性のダシとの組み合わせ、野菜との組み合わせが抜群です。

 

 教室でも好評でしたので、次はそれぞれの昆布ダシの違いも楽しんでもらう予定です。 

根曲がりたけの炊き込みご飯

蒲澤章子昆布大使(東京都)

 

 

一般的に知られる筍の旬は3月〜5月頃といわれ、 千島笹の若芽の姫竹(根曲がりたけ)は5月から6月にかけてが 旬といわれています。
信州や東北などで親しまれ、ふるさとである秋田でも幼いころからよく食べた思い出の味です。

それが今や高級食材に。

 

秋田ではクマ出没のニュースをよく耳にしますが、この根曲がりたけ、クマも大好きなのです。
命がけで採ってくれた方に感謝して、炊き込みご飯にして頂きます。

 

根曲がりたけはすごく良いお出汁が出るので、昆布出汁と合わせてシンプルに炊きあげます。旬を感じる懐かしい味です。
 

 

 

(材料)4人分
米・・・・・・・・・・・・・1.5合
根曲がりたけ・・・・・・・・20本(80g)
真昆布・・・・・・・・・・・3cm1枚
水・・・・・・・・・・・・・400ml
油揚げ・・・・・・・・・・・1枚
A砂糖・・・・・・・・・・・・小さじ2
A薄口醤油・・・・・・・・・・大さじ1
Aみりん・・・・・・・・・・・大さじ1
A塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2

 


作り方


根曲がりたけは皮をむいて食べやすい大きさに斜め切りにします。油揚げは熱湯をかけて油抜きしてから食べやすい大きさに切ります。


鍋に水と昆布を入れて弱火で火にかけて煮出し、根曲がりたけ、油揚げを入れて5分ほど煮ます。昆布を取り出してAの調味料で味付けします


洗って水切りした米を炊飯器に入れ、冷めた△魏辰┐匿罎ます。

 

※煮飛び過ぎると水分量が足りなくなるので、心配な方はざるで出汁だけを炊飯器に入れて量を確認してください。足りない場合は水を加えます。具材は混ぜ込まず、米の上にのせて炊くのが上手く炊くポイントです。

白ワイン風味の昆布じめ鯛のカルパッチョ

曽布川優子昆布大使(東京都)

 

ジメジメっとした梅雨をふきとばすさわやかな一品。
昆布と辛口白ワインを合わせて白身魚(鯛)を
漬け込みました。昆布〆です。


魚の臭みが抜け白ワインの香りと昆布の旨味・・・
ふっくらとした食感が楽しめ繊細な白身魚のおいしさが
引き立ちます。
ワイン好きにはたまらないおいしさ。
昆布とワインのマリアージュです。昆布〆に使った昆布は天ぷら風に〜
こちらもワインのほのかな香りがおいしいです。

 

 

材料(2〜3人)


お刺身用鯛 120g
真昆布 25g
白ワイン 200cc
水 大さじ3
レモンの皮 1/3個分
スプラウト 少々
オリーブオイル 大さじ1〜
塩 少々
昆布〆の昆布 55g
a天ぷら粉 大さじ2
a水 大さじ2
a卵白 30g
揚げオイル 適量
レモンの薄切り 2切れ
イタリアンパセリ 少々
塩 少々

 


レシピ


.丱奪箸忘布を入れ白ワインと水を入れ
15分ぐらいおき 鯛を昆布でくるむ
★昆布は初めにさっと水洗いする


▲薀奪廚鬚靴動貳嬶簑庫に置く
★ちょうどいい大きさの器に入れ
鯛がワインにつかるようにする


B笋鯒く切り器に並べ軽く塩をふり
オリーブオイルをかけて出かるく叩いて
なじませる


だ蘋擇蠅砲靴織譽皀鵑糧蕕肇好廛薀Ε
をちらす


ヂ笋鬚弔韻榛布を水で洗い水気を切って
細切りにしてaを混ぜる


δ磴瓩硫硬戮離イルでじっくり揚げる


揚げたてに塩をふり器に盛り付け
レモンを添える

 

出汁を取った後の昆布を美味しく『出しがら昆布のぬか漬け』

松橋佳奈子昆布大使(愛知県)

 

 

 

昆布大使になってから早いもので半年が過ぎました。


「昆布大使」という名前のインパクトからか(笑)、
いろんな方に覚えていただき、うれしく思います。

 

昆布についてお話をしていてよく相談を受けるのが
「出汁を取った後の昆布の使い道が分からない」
「モッタイナイと思いつつ、捨ててしまうことも」
ということです。

 

出汁を取った後の昆布、いわゆる「出しがら昆布」は
よくある活用法だと、甘辛い佃煮にするというもの。
適度な大きさに刻んで、炒め物に混ぜる方法もおすすめです。

 

最近私が気に入っているのは、「出しがら昆布のぬか漬け」。
ぬか床がある方は、ぜひお試しくださいね。
火も使わずに作れるので、暑くなるこれからの時期にはぴったりです。

通常は、ぬか床の風味を出すだめに乾燥した昆布をぬか床に入れますが、
この「出しがら昆布のぬか漬け」は、キュウリや人参などの野菜と同じように
昆布を漬けて食べるというもの。

 

 

薬膳の考え方では、昆布は「余分な水分を排出する」食材とされています。
(私自身の普段の活動として、薬膳の考え方をベースにした「養生ごはん」を
料理教室やレシピ開発・コラム執筆などを通してお伝えしています)

高温多湿な日本の梅雨〜夏を健やかに過ごすためにも、
美味しく手軽に、昆布を食べたいですね!

------------------------- 
こんぶネットでも「だしを取った後の昆布活用法」 
をご紹介しています。 
http://www.kombu.or.jp/power/katuyou.html 

出汁いらず とろろ昆布の簡単お吸い物

大倉由美昆布大使(広島県)

 

 

 

【1人分】
とろろ昆布 2グラム
熱湯 150ml
白はんぺん 2×4センチ
おくら 1本
しょうゆ 小さじ1/2
 
【作り方】
1 白はんぺんは花の抜き型で2枚抜く。
おくらは塩で板ずりして熱湯でさっと茹で、小口切りにする。
2 お椀にとろろ昆布としょうゆを入れて、熱湯を注ぎ、白はんぺんとおくらを入れる。
 
出汁を取らなくてもお湯を注ぐだけ、とろろ昆布で簡単にお吸い物ができます。
今の季節、おくらを入れました。お椀に入れるととろっとしてとろろ昆布との相性抜群。
もちろん、ねぎや三つ葉でもいいですよ。
とろろ昆布の塩分があるので、おしょうゆもほんの少しだけ。
ぜひお試しくださいね。
 
 
 

 

餃子にも昆布♪

チャペス昆布大使(埼玉県)

 

埼玉県在住のチャペスです。
昆布大使6月レポートをアップしますね。

 

暖かくなってきて、ビールに餃子が美味しい季節になりましたね。
毎月、昆布を使ったレシピをご紹介していましたが、今月はレシピ無しです。
昆布は、お料理にテキトーに使っても美味しいんです。

 

 

1月レポートでご紹介した昆布水と、だしを取ったあとの刻み昆布を餃子にも使って旨み倍増です。
包み方・焼き方が失敗してしまったけど、昆布のおかげで、いつもより、美味しい餃子ができあがりました。


ブログにもアップしました↓
http://ameblo.jp/chapesujp/entry-12280708341.html

チンゲン菜のおぼろ昆布蒸し

田邉佳子昆布大使(兵庫県)

 

 手軽に昆布を楽しみたい!という願いを叶えてくれる加工昆布に目がいく今日この頃です。

中でも、おぼろ昆布と、とろろ昆布は塩分を気にすることなく気軽に食べられます。
 ここで、ハテナ。

 

おぼろ昆布と、とろろ昆布の違いは何でしょう?

 


 

昆布の面を削ったものと、昆布を重ねて側面を削ったものの違いです。(こんぶネットに分かりやすい説明があります。)おのずと使い途も違ってきます。

 

今回は、おぼろ昆布の旨味をチンゲン菜と合わせてみました。

 

チンゲン菜のオボロ昆布蒸し(4人分)

 

 

<材料>

チンゲン菜・・・2〜3株
おぼろ昆布・・・3つまみくらい
油あげ・・・50g
塩 ・・・少々
醤油
水・・・60cc

 

チンゲン菜は、葉を外し削ぎ切りにする。
葉の部分は、食べやすい大きさに切る。
油あげは、細切り。おぼろ昆布は、ハサミで2センチ位に切っておく。

 

▲魁璽謄ングしてあるフライパンに、チンゲン菜の色の薄い部分(株元)を入れる。おぼろ昆布、油あげをのせる。塩少々を振り、水60ccを加える。

 

フライパンに蓋をして、強火で蒸す。2〜3分したら、チンゲン菜の青菜の部分を入れ、また蓋をする。

 

っ羃个砲靴1分蒸したら、蓋をとって混ぜる。
ここに醤油を少々回しかけて味を整える。火を止める。


 チンゲン菜は、日中国交回復と共に日本に入ってきた野菜です。
元来、水が豊富な日本とは違い、乾燥した大陸の野菜だからでしょうか、水で煮るよりも蒸した方が美味しいような気がします。
 また、切り方でも変わってきます。株元が分厚ので、削ぎ切りにすると火の通りが均一になります。葉の部分は、別の食材とみなして、最後に火を通します。

 

 以上、野菜ソムリエからみたチンゲン菜の扱い方でした。
栄養豊富な緑黄色野菜のチンゲン菜、昆布の旨味と相まって、ちょっぴり癖のある味も楽しめるのではないでしょうか。
おぼろ昆布なら、とても簡単。とろろ昆布だと、モロモロと固まってしまうので、おぼろ昆布ですね。

| 1/90PAGES | >>
ページの一番上へ