全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

サーモンのタルタル

金子 由美 昆布大使(北海道)
……………………………………………………………………

 

13900069_1103004966459872_7664952099959256006_n[2] - コピー.jpg

 

材料

タレ しょうゆ・刻み昆布
(刻み昆布は出汁もでるし、食べる時に重宝)

サーモン
スプラウト(大葉でも美味しい)
うずらの卵

 

作り方

*まずしょうゆに刻み昆布を入れて一晩 冷蔵庫で寝かせておく

 

13886855_1103004786459890_6385618170833170228_n[1] - コピー.jpg


*サーモンを細かく切ってたたいたものに タレとタレの
中にはいっている刻み昆布とスプラウトを混ぜ合わせる

 

13906949_1103004869793215_5517431143882700002_n[2] - コピー.jpg
*器にもったら 卵をのせる 混ぜていただく

……………………………………………………………………

昆布柄の手拭いでト−トバッグ

東島真由美 昆布大使(愛知県)
……………………………………………………………………


先日、事務局から送っていただいた、

昆布柄の手拭いでト−トバッグを作りました。

 

13876607_961326543986930_9005958602329231181_n[1] - コピー.jpg

 

 

13932716_961326657320252_7372682093539744625_n[1] - コピー.jpg

 

手拭いにはさみを入れることなく、仕上げたかったので、
手ぬぐいを縦向きにしたり横向きにしたり、

パズルのような作業でしたが、出来栄えには大満足です。

 

13906608_961326850653566_8772659681558178759_n[1] - コピー.jpg

 

いろいろなサイズや材質の違う布地があれば、

いろいろな昆布グッズができて楽しいかも。

 

ちょっとしたプレゼントをするときに、

こういうバッグに入れてもいいかもね・・

……………………………………………………………………

【昆布食育講座の開催】京都府宇治市立槇島小学校

8月18日(木)に宇治市立槇島小学校で、今年度最初の昆布食育講座を開催しました。
今回の参加者は、宇治市立小学校の家庭科の先生であることから、今後の授業の参考にしていただけるよう、これまでより「昆布の話」を詳しくしました。

 

場 所/京都府宇治市立槇島小学校
参加者/宇治市立小学校の家庭科等教員 18名
時 間/9時20分〜11時(100分間)

 

まずは、地元、宮垣商店の宮垣吉雄社長による昆布の話から。
昆布の歴史や産地、昆布漁の様子、昆布の成長や栄養などについて副読本、パネル、実物の昆布を使いながら説明しました。

 

 

北海道で採れた昆布が北前船で敦賀や大阪へ運ばれた経路は、昆布ロードと呼ばれており、その中継地として栄えた敦賀では、昆布を削ってつくる「おぼろ昆布」の生産が盛んになった。

また、削り残った芯の部分は「白板昆布」として、鯖寿司の保湿等に使われている。
だし昆布の種類は、羅臼昆布、真昆布、利尻昆布、日高昆布などがあり、それぞれに味に特徴があり、京都では、京野菜の素材の味を生かすのに利尻昆布でとっただしが好まれ、大阪では、真昆布が多く使われていることなど・・・。

 

 

昆布だしの飲み比べでは、羅臼昆布、真昆布、利尻昆布、日高昆布の4種類の味の違いを体験していただくとともに、とろろ昆布とおぼろ昆布の違いを説明し、試食していただきました。

 

 

続いて、大阪在住の昆布大使の植谷佐江子氏による

味噌汁の飲み比べ及びだしのとり方のデモンストレーション。
味噌汁の飲み比べは、〔A后槐鯏髻↓¬A后楮布だし、LA后楮布と鰹節の合わせだしの3種類を飲み比べていただきました。

 

 

だしのとり方のデモンストレーションは、昆布と鰹節の合わせだしだしのとり方を実演。
昆布は水につけておくこと。沸騰直前に昆布を取り出すことがポイントなどの説明を交えて、昆布と鰹節の相乗効果で、より美味しいだしがとれることなどを説明しました。

 

 

 

先生からは、

「種類の異なる昆布を混ぜた方がうま味が増すと聞いたが本当か」、「顆粒だしの問題点は何か」、「希望すれば出前授業をして貰えるか」などの質問がありました。

 

また、「昆布によってだしの味が違うことや組み合わせることでうま味が増すことに驚きました」、「子ども達に本物の味を体験させたいですね」、「昆布は食育という観点以外にも、光合成等による成長過程、生産地の状況など家庭科以外の教科とも連携して学習できると感じた」、「昆布の基礎知識も得たので、子どもの指導に役立てたい」などの感想をいただきました。

 

宇治市立小学校の先生の皆様、ご参加いただきありがとうございました。
また、昆布食育講座開催にご協力いただいた先生方にお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカと昆布の和え物

金子 由美 昆布大使(北海道)
……………………………………………………………………

 

ただのイカの刺身を食べるより、

ちょっと昆布を混ぜて寝かせるだけで、がぜん美味しくなる。


昆布は気兼ねせず

何にも混ぜ合わせるだけで美味しくしてくれるありがたい存在

 

13920960_1103001099793592_1968986160207218699_n[3] - コピー.jpg

 

材料

刺身用イカ
きざみ昆布
しょうゆ
お好みでみょうがやしょうがなど

 

作り方

イカを細めに切り、

昆布としょうゆ お好みでみょうがななどを混ぜ合わせ 冷蔵庫で寝かせておく。
昆布がやわらかくなったら器に盛り出来上がり


……………………………………………………………………

頑張れくまモン!こぶモンが応援しますねん〜〜♬

清水 有加里 昆布大使(京都府)
……………………………………………………………………

 

昆布だし生活、、日々増える出し殻の
『お昆布。。』

 

あ、そうそう、、
京都は、。食べ物の、前に『お』
を つけることが多いんですよね。。

 

お茄子、お漬もん、お豆腐。
お芋さん、お豆さん、、。

 

あ、、『さん』も、よくつけますね。。

 

13882079_831619156968315_5003657006514431147_n[1] - コピー.jpg

 

京都の、実家では、、
昔はだし昆布がいつもあった気がするけど、、
近年、、私は使ってなかったですね〜(~_~;)

 

そう、…最近、、、、再度目覚め!
だしに、拘る、、寝ても覚めてもだし命。。
は、、言い過ぎですが、、

 

だしを引いた出し殻はそのまま甘辛く煮ちゃいます。。
そして、、昆布アートの、、日々。。

 

13879351_831619176968313_5025460045159092627_n[2] - コピー.jpg

 

 

あちらにもこちらにも昆布アート!
『がんばれ〜くまモン!こぶモンが応援しちゃいます!』

 

13872946_831619160301648_4191337239125379254_n[1] - コピー.jpg

 

娘の誕生日、、フルーツタルト風スイーツの上に、、
『19歳』の、、昆布アート。。

 

アートと、言うかしら⁇

らぶこぶ!

……………………………………………………………………

夏の昆布ドリンク

山中陽子 昆布大使(広島県)
……………………………………………………………………

 

寄り昆布捩れて乾く終戦日 (北海道茅部郡・木下勇)

 

昭和20年8月15日。

71年前のこの日茅部の空は晴れていたのだろう。

浜に打ち上げられた昆布が日を浴びて捩れて乾いている。

 

13686758_885471431586710_997681801817858863_n[1] - コピー.jpg

 

戦争中昆布の生産はどうなっていたのかと思うが、

昆布の産地北海道茅部郡の少年は晴れた日は塩田で作業をし、

海の時化る日は学校に行ったそうだ。

 

美味しい昆布が味わえるのも平和であればこそ、

そんなことをちらっと考えながら

暑い日の水分ミネラル補給に昆布水で作る飲み物を考えた。

 

昆布を水につけてひと晩冷蔵庫で水出しした昆布水に、

レモンを絞りはちみつを入れて。
暑さで失われた水分とミネラルをおいしく補給します。
お好みでほんの少し塩を入れると

ナトリウム補給並びにさらにUMAMIを感じられます。

 

朝の一杯、スポーツドリンクの代わりにどうぞ。

 


……………………………………………………………………

 

昆布のお菓子

水嶋昭代 昆布大使(福井県)
……………………………………………………………………

13876417_610298329139406_6579841098583773431_n[2] - コピー.jpg

 

昆布の流通、消費の盛んな福井には、

昆布を使ったお菓子がいろいろあります。

 

子供の頃からあって、

誰もが食べたことがある「雪がわら」(少し季節外れですね)

 

13912465_610298355806070_222636183644425285_n[1] - コピー.jpg

 

雪を被った瓦を模して、昆布に砂糖衣かコーティングされています。
食べた時は、甘いのに、噛む程に、じわじわと塩っぱさが!!

結構甘いので、たくさんは食べられませんが、くせになる味です。

 

13912492_610298389139400_1297453059299958798_n[1] - コピー.jpg

 

その他にも、とろろ昆布を上にかけた「昆布サブレ」、

写真はありませんが、求肥に昆布を練り込んだ「求肥昆布」、

懐かしい「昆布飴」など、お菓子と昆布が意外なマッチングです。

……………………………………………………………………

こぶアート、、、と、、言えるんやろか〜〜!?アーカイブ…

清水 有加里 昆布大使(京都府)
……………………………………………………………………

 

13879246_831626966967534_7588602078294402616_n[1] - コピー.jpg

 

そうそう、、、娘の、受験の時、、、
やってましたねぇ〜〜♬

アーカイブですが。。。

 

楽しんじゃえ〜〜!
おかずにも、、拘りますよぉ〜〜!

 

B.jpg

 

だしでの味付け、、
ぎゅうぎゅう詰の白ご飯、、
間には、、お昆布挟んでたり〜〜
海苔挟んでたり〜〜♬

 

A.jpg

 

なにが出てくるか、、!
ミステリー💓

まな板の上で、、、夢中で、、文字モジ!
彫刻刀を、、買っちゃおうかな?


……………………………………………………………………

食欲がない日には、昆布水の冷し茶漬け

林 くみ子 昆布大使(東京都)
……………………………………………………………………

 

我が家の冷蔵庫には、必ず昆布水を常備しています。

旨味もさることながら、

余分な中性脂肪の吸収を抑えてくれる昆布の成分を、

簡単に素早く摂るにはうってつけの昆布水。

情報番組や雑誌で目にされている方も多いはず♪

 

13680586_1053438471398993_2617253602660499092_n[1] - コピー.jpg

 

キッチンバサミでチョキチョキ切っただし昆布20gを、

1.5リットルの水に一晩漬けるだけの昆布水。
この昆布水で作った冷し茶漬けは、暑さ厳しい日の朝食にぴったりです。

 

コツは、ご飯を冷水で洗う事!

ザルにあけたご飯を、冷水でさっと洗って器に盛り、

塩もみ胡瓜とほぐした鮭をトッピング、

冷蔵庫でキンキンに冷えた昆布水と、お醤油を少し。

火照った身体を優しく冷してくれますよ(#^.^#)


……………………………………………………………………

シャキシャキキュウリのコンブジェンヌ(昆布の細切り)との奏演!キュウリジェンヌ!

清水 有加里 昆布大使(京都府)
……………………………………………………………………

 

13924981_832755803521317_5807448466520376661_n[1] - コピー.jpg

 

『シャキシャキキュウリのコンブジェンヌ(昆布の細切り)

との奏演!キュウリジェンヌ!』
夏野菜の代表であるキュウリ。おいしい季節になりましたね。

 

食欲の失せるこの時季、さっぱりと食べられる!キュウリ!

そう!コンブジェンヌ(昆布の細切り)様と、、

三杯酢風をキュウリに漬け込むこと、。

丸一日!とっても爽やかなコンブキュウリの出来上がり!

 

13920633_832755810187983_2986214299797157167_n[1] - コピー.jpg

 

〈三杯酢風〉

酢…1/2カップ

しょうゆ…大1

さとう…大1

昆布だし…大2

 

しかし、、、ちょっとキュウリにまつわるお話、、京都祇園祭りの頃、、

「八坂神社の氏子さんたちは、

    祇園祭の開催期間中にはキュウリ食べはらへん⁉︎」

 

そうなんです!キュウリ断ち!

700年以上も経った今も尚、7月1日から7月15日の間は、

氏子さん、山の舁き手さんはサラダに入っているキュウリは

必ずつまみ出しますし、この期間は小学校の給食献立表をみても

「キュウリ」の文字がありません。

 

それは何故かというと、

キュウリの切り口が八坂神社のご神紋と似ていて「恐れ多い」!

神紋である木瓜(ぼけ)の花に似ている所から、

ご神紋を口に入れることは畏れ多く、氏子が食べることを遠慮した・・・

というところから由来すると言われています。

 

13920860_832755830187981_8164421362620341074_n[1] - コピー.jpg

 

キュウリ好きな方には辛い1ヶ月ですね。

古いしきたりなので、

今も頑なに守られているのはごく一部とのことだそうですね。。。

 

と、、ちょっと横道、、!キュウリ話し。。

祇園祭りも終わり、、夏本番、、

さっぱりとした、シャキシャキキュウリジェンヌ、、堪能しちゃいましょ


……………………………………………………………………

Check
| 1/165PAGES | >>
ページの一番上へ