全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

秋冬に大活躍!「漬け込むだけ。昆布ポン酢」の作り方

松橋佳奈子昆布大使(愛知県)

 

昆布大使になって、早いものでもうすぐ1年。
レポートを読んでくださった方や、コメントをくださった方、
どうもありがとうございました!

 

最終回となる今回のレポートでは、
これから寒くなる時期に大活躍する「昆布ポン酢」の作り方をご紹介します。
漬け込んで待つだけで簡単に作れるので、お忙しい方にもおすすめです。

 

 

 

<材料>
・しょうゆ・酢 各カップ1/2(100奸
・みりん カップ1/4(50奸
・すだち絞り汁2個分
・昆布(3儚僉3枚
 
<作り方>
全ての材料を保存容器に入れて、冷蔵庫で1〜2日間待つ。
 

シンプルに昆布の旨味が楽しめるポン酢です。
湯豆腐や鍋物などにも、よく合います。

もちろん、ポン酢を使い終わった後の昆布も、美味しく食べられます。
しょうゆや酢の味が染み込んでいて、佃煮のように柔らかくなっています。

 

 

ごはんの上に乗せたり、白菜などの野菜に混ぜて浅漬けにしたりするのも、
美味しいですよ!
ぜひお試しくださいね。

最後に。

昆布出汁と母乳に含まれている旨味成分「グルタミン酸」の量は類似しているのだとか。
昆布出汁を食べると「ホッとするな〜」と感じる方も多いと思いますが、
この事実を知ると、納得してしまいますよね。


昆布は美味しいだけでなく、
ちょっと疲れた時に身体を癒してくる、とても心強い存在なのです。
ぜひ普段の食事に取り入れて、健やかな毎日を過ごしていきたいですね。

一年間、ありがとうございました!
いつかまたお会いできるのを、楽しみにしています。

 

旅・おでかけのおやつにも昆布

チャペス昆布大使(埼玉県)

 

 

現在、日本昆布協会2016年度昆布大使のチャペスです。
毎月、欠かさず、昆布大使の活動をしているチャペスです。

 

早いもので、昨年2016年10月よりスタートした、1年間の昆布大使の活動も今月9月末までとなりました。
来年度の2017年度昆布大使の募集の宣伝を先月8月末ギリギリまで「昆布名刺」を配って頑張ったので、何人かのお友達が昆布大使になれば嬉しいな。


最後の昆布大使9月レポートをアップしますね。

旅・おでかけのおやつにも昆布。
毎日食べたい美容・健康にオススメな昆布。
普通の大きな昆布をハサミでチョキチョキして、おやつに!!
スーパー・コンビニにも、持ち運び便利なおやつ昆布がいろいろありますよね

 


いろいろあって、悩んじゃいますが、チャペスが特にお気に入りなのは、この2品。
今月9月は、韓国・熊本・大阪旅行があるから持って行きたいです。


みなさ〜んも、是非、チェックしてみてね↓
日本昆布協会
昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット
http://www.kombu.or.jp/
ブログにもアップしています↓
https://ameblo.jp/chapesujp/entry-12307912398.html

昆布出汁しょう油で作りおき

根岸朋子昆布大使(千葉県)

 

 


 夏休みは子供が在宅でお昼ご飯作りに毎回悩みがちなので、作りおきおかずで過ごしました。


 不揃いな昆布の端っこなどを集めておき、煮沸したガラス瓶にお醤油と一緒に漬けておきます。

うまみ、まろやかさ、自分で作るので安心です。

 

第11回歯舞こんぶ祭り

天野美樹昆布大使(北海道)

 

コンブ漁体験や昆布製品の販売などを通じて歯舞産コンブをPRする「歯舞こんぶ祭り」(歯舞地区マリンビジョン主催)が8月27日に開催されました。


会場ではサオマエコンブで巻いた「根室さんまロール寿司」、コンブご飯、おでん、こんぶ白玉のおしるこなど、コンブを使ったメニューやコンブ製品が特別価格で提供され、買い求める来場者の列ができていました。

 

根室さんまロール寿司


コンブ漁体験コーナーでは子どもたちが漁師さんからアドバイスを受けながら、漁具の「カギ棹」を使って、コンブ漁の疑似体験を楽しんでいました。

 

オメガ3のオイルを食べやすくする「昆布」

田邉佳子昆布大使(兵庫県)

 

エゴマ油、亜麻仁油など「オメガ3」の油がもてはやされて久しいですが、実際にどう食したらよいのでしょうか?
オメガ3系の油は、加熱できないものが多く、香りも特徴があります。熱に弱いことや、癖のある香りのためサラダや冷奴と合わせることが多くなります。
率直にいうと食材としての、オメガ3系の油は摂りにくいかもしれません。しかし、昆布の旨味との組合せは良いようです。今回は2品をご紹介します。冷蔵庫に入れなくても保存できるアマゾンで採れるサチャインチの実から採れるサチャインチオイルを使いました。

 

 

*切り干し大根の和え物(作りやすい量)

<材料>
切り干し大根 40g
人参 20g
ガゴメ昆布 6g
鷹の爪の輪切り 少々
米酢 大さじ1
きび糖 小さじ1
梅酢 小さじ1
醤油 小さじ2
サチャインチオイル 大さじ1


\擇蟯海径膾とガゴメ昆布は、それぞれ水に10分弱くらい浸してもどす。人参は、千切りにする。
∪擇蟯海径膾の水を絞る。昆布も水を切る。そしてボールなど和えるための容器にいれる。ここに人参もいれる。
J匿櫃砲び糖を溶かしてから、梅酢、醤油、サチャインチオイルを混ぜる。
き△離棔璽襪豊を加えて和える。器に盛って、好みで鷹の爪を加える。

 

 


*シーチキンと玉ねぎの和え物 (作りやすい量)

<材料>
油無添加のシーチキン 1缶(今回は70g)
紫玉ねぎ 60g
大葉 1枚
サチャインチオイル 大さじ1
塩ふき昆布 3g


.掘璽船ンを缶からだし、サチャインチオイルと和える。
∋膓未佑を薄切りにして,範造┐襦1浜槓が抜けるので水には晒さない。
M憧錣棒垢蝓塩ふき昆布と、刻んだ大葉をのせる。


2品とも箸休めや、お酒のアテにぴったりです。
バランスの良い食事には、油(脂質)も欠かせません。2015年版の「日本人の食事摂取基準」(健康増進法に基づき厚生労働大臣が定めるもの)によると、年齢や男女で基準量は変わってきますが、だいたい4:1の比率で、オメガ6系とオメガ3系の脂質をとるのが基準とされています。30〜49歳の男性でオメガ6系が10gとオメガ3系が2.1gの油が基準量です。また30〜49歳の女性では、オメガ6系が8g、オメガ3系が1.6gとなっています。
油は細胞膜の材料になります。よって血管、また脳細胞にも大きな影響があります。昆布の力を借りて、オイルのバランスも気遣ってみてはいかがでしょうか。

 

若竹煮よりも簡単!タケノコと昆布の炒めもの

松橋佳奈子昆布大使(愛知県)

ごはんに混ぜたり、天ぷらにしたり、皮付のまま焼いたり……
タケノコは美味しい食べ方が本当にたくさんありますね。
なかでも、
若芽とタケノコをお出汁で煮た「若竹煮」は、
タケノコ定番料理のひとつ。
シンプルながら春を感じる料理のひとつです。
海と山の香りが同時に味わえる「若竹煮」にヒントを得て
作ってみたらとても美味しかったのが、
今回ご紹介する「タケノコと昆布の炒め物」。
出汁を取った後の昆布活用法としてもおすすめです。

<材料(2人分)>
・茹でたタケノコ 150g
・出汁を取った後の昆布 50g
・ごま油 小さじ1〜2
・干し海老小さじ1〜2
・しょうゆ 小さじ1
・しょうが 1/2片
・青ねぎ 少々
・塩 ひとつまみ
<作り方>
1. タケノコは厚さ5舒未稜切り、昆布は2センチ角位の大きさに切る。
       しょうがはみじん切り、青ねぎは小口切りにする。
2. フライパンに油としょうがを入れて火にかける。
3. 香りが出てきたら、タケノコ、昆布の順に加えて塩を振り、炒める。
4. 油が回ったら、干し海老としょうゆを加えて、手早く全体を混ぜる。
5. 器に盛って、青ねぎを散らす。
 
簡単に作れて汁気もないので、お弁当にもぴったりです。
ぜひお試しくださいね!

基本に立ち返る

寺井朱星昆布大使(大阪府)
昆布大使としての活動も、残り少なくなりました。昆布大使になったおかげで、昆布を意識するようになり、今年は今まで以上に食卓に昆布を使った料理が出るようになりました。いろいろ試してみましたが、今回は基本に立ち返ってみました。
昆布といりこの出汁をとり、それを使って、料理を作りました。
「昆布巻き」

 「切り昆布と天ぷらの炊いたん」
しっかり旨味をとった出汁で作った一品は、少しの調味料でも美味しい。昆布のポテンシャルの高さが分かる一品になりました。

基本に立ち返る

寺井朱星昆布大使(大阪府)
昆布大使としての活動も、残り少なくなりました。昆布大使になったおかげで、昆布を意識するようになり、今年は今まで以上に食卓に昆布を使った料理が出るようになりました。いろいろ試してみましたが、今回は基本に立ち返ってみました。
昆布といりこの出汁をとり、それを使って、料理を作りました。
「昆布巻き」

 「切り昆布と天ぷらの炊いたん」
しっかり旨味をとった出汁で作った一品は、少しの調味料でも美味しい。昆布のポテンシャルの高さが分かる一品になりました。

猫にこんぶ

黒澤東江昆布大使(山梨県)
近頃朝晩は涼しい風が吹くようになりました。半年前には寒くて寒くて、早く夏になれなんて思っていたのにいざ夏が来ると暑くてたまりません。
 人間はほんとうに勝手なものです。
私がこんぶ大使になったことは職場でもプライベートでもだいぶ浸透しています(名刺をたくさん配った成果でしょうか)。
こんぶ大使ぃ?と興味のある人はこんぶに関する質問も沢山してくれるし、何より実際にこんぶを購入して使ってくれる事が多い気がします。入門編に我が家のこんぶを1回分差し上げることもあります。だいたいお勧めするのは「こんぶ水」です。簡単で美味しいので!
そんな中、頑なにこんぶを拒否(?)する人がいるのも事実です。お話を聞くと「めんどくさそう」とか「あんまり興味がないから〜」とのこと。
無理に勧めることはしませんが、ふとした時にこんぶの良さに気づいてくれる時があります。
例えば、イベントで作ったお味噌汁。
いつもは顆粒だしを使用して作っていましたが、こんぶ大使になってからはこんぶ水を使っています(前々日からせっせこせっせこペットボトルに作ってました)。
 調理中からみなさん興味津々で、だしは?だしは??と何度聞かれたことか。そりゃそうですよね、ペットボトルの透明な水を入れているようにしかみえませんから。お味噌は昨年作った手前味噌で、地元産のじゃが芋とねぎをを具にしました。
 普段顆粒だしを使用している人ほど違いに気付くもので、感想を聞くと「ほっとする味がする」「エグ味がない、すっきりしてる〜」などなど、好評価でした。
やはり…
 興味のない人ほど実際に食べてみてその味の違いを知ってもらう事が何より大切なんだな、と。
 あまり手料理を食べていただく機会はないですが、イベント時やキャンプなどでこんぶの魅力を発信していけたらいいな、と思います。
誰だって猫にこんぶじゃもったいない!
((うちには猫が3匹おりますがね!))

簡単!昆布だし入りトマトとチーズピザ!

嶌田佳小里昆布大使(三重県)
自宅でピザを作りたいと長年思うだけの日々に終止符を打ちました。
デリバリーやスーパーのピザは耳があってあんまり好きではないので、耳がないクリスピータイプのピザを作りました!
早速レシピ紹介です。

材料(生地)
小麦粉:200g
ベーキングパウダー:10g
砂糖:小さじ1
塩:小さじ1
オリーブオイル:大さじ1
昆布だし:100cc

材料(ピザの具材)
パンチェッタ:80g
ピザ用チーズ:好みで
トマト:1つ

作り方
‐麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖をボールへ入れる。かき混ぜておきます。
具材もカット出来るものはカットする。
∈布だしを半分ボールに入れて、かき混ぜる。よくかき混ぜるのが大事です。菜箸で混ぜるといいです。
残った昆布だしを入れてかき混ぜる。粉っぽさがなくなったら、手でかき混ぜる。
オリーブオイルを入れ、さらに手でかき混ぜる。固まってきたら完成。
い泙僻弔望麦粉をひいて、生地をちぎり麺棒で生地を薄くのばす。
クリスピータイプの生地なので薄く引き伸ばす。
ゥッキングシートに伸ばした生地にチーズ、トマト、パンチェッタをのせる。
オーブンを220度で余熱する。
ν焦が終わったオーブンにイ罵儖佞靴神乎呂鯑れ、20分焼く。
完成!
| 1/191PAGES | >>
ページの一番上へ