全国ふるさと昆布料理自慢

月別アーカイブ

よろこんぶサポーター更新しました♪

『昆布検定』に合格された皆様、おめでとうございます!
 「よろこんぶサポーター」を更新しました。

 

 

 『昆布検定』は、どなたでも、いつでも受験可能です。


 『昆布検定』に合格された皆様を「よろこんぶサポーター」として
毎月25日頃発表させていただいています。

 

……………………………………………………………………
【昆布検定】
http://www.kombu.or.jp/kentei/

初めての昆布料理教室

大倉由美 昆布大使(広島県)
……………………………………………………………………
広島市藤の木公民館より、昆布料理教室の依頼を受け
昆布大使デビュー致しました。

 

2月6日(月)【知りたい!昆布料理】の料理教室。
参加者は男女総勢14名です。
まず最初に昆布の基礎知識ということで昆布の産地、種類のお話し。

 

 

 

そして実際に産地ごとのだしの飲み比べや、だしの取り方の実演をしました。
そしていよいよ各班に分かれて調理開始です。
みなさんで協力して順調に進んでいきます。

 

 


昆布だしも実際に取っていただきました。

だしを取った後の昆布はおいしい佃煮になりました。

 

 

 

本日のメニュー完成しました。

 

おさつのみそごはん
クーブイリチー
かぶら蒸し
ほうれん草ときのこのお浸し
昆布とちりめんの佃煮
いちごのみるくゼリー

 

 

昆布だしをしっかり利かせると減塩でも美味しく
いただけることを実感していただけたのではないでしょうか。

 

今後も皆様にお料理教室を通じて昆布の良さを広めて
いけたらいいなと思います。

 

……………………………………………………………………

お味噌づくり

伊藤陽子 昆布大使(大阪府)
……………………………………………………………………
春一番の知らせは、届いたけれど。まだまだ寒い日が続く2月。
昔からお味噌は、冬の1〜3月の寒仕込みが、良いとされています。


それは、気温が低く発酵の進み具合が、

なだらかなので味に深みが出るそうです。
そして、雑菌の繁殖もしにくい。
などの理由からお味噌は、「大寒」に仕込まれる事が習慣化されたそうです。

私も、今年は2月にお味噌づくりをしました。


仕込んだお味噌の最後には、空気に触れて変化しないように。
カビが生えにくいように。
塩や酒粕などで蓋をしますが、

今年はお友だちから昆布を蓋にすると出汁いらず!
とっても美味しいお味噌が出来るよ。

と聞いて昆布を敷き詰めて蓋にしてみました。

 


数ヶ月後のお味噌汁の味を想像しながら、しばし時を待つとします。。。

 

……………………………………………………………………

刻み昆布で昆布水

チャペス昆布大使(埼玉県)
……………………………………………………………………
日本の食に欠かせない昆布は、栄養豊富で美味しい「海藻の王様」。
そして、女性の美容・健康に欠かせない昆布。

 

アルギン酸、フコダインなど豊 富な食物繊維で、脂肪の吸収を抑え、腸内環境を整える働き。
また、フコキサンチンで、余分な体脂肪を燃やし、内臓脂肪に作用して代謝を正常化する働きも。
旨味成分グルタミン酸で、ヘルシーに美味しく減塩することなどが期待できるそうです。

チャペスがオススメする手軽で簡単な昆布の取り入れ方法

 

刻み昆布で昆布水

<材料>
・お水1L
・刻み昆布10g


昆布の旨味は表面からではなく、切り口から出るそうです。
キッチンバサミで根気よくチョキチョキするのも良いですが、面倒ですよね。
その点、既に細切りになって販売されている、刻み昆布は、昆布水を作るのにも便利

お水に入れるだけ〜

 

冷蔵庫で3時間で昆布水のできあがり〜
昆布水は、冷蔵庫で約1週間保存できます

 

「昆布水」は、そのまま飲んだり、「昆布だし」として、お味噌汁やスープ、
ご飯を炊くときのお水としてなど、和食に限らず、洋食や中華にと、いろいろお料理に使えます。

 

 

「昆布水」を作ったあとの刻み昆布も、佃煮や炒め物や煮物など、

和食に限らず、洋食や中華にと、いろいろなお料理に使えます。

 

毎日、昆布のある生活のおかげか、風邪も引かずに、最近、元気に過ごしています。

 

……………………………………………………………………

あえて食後に昆布

小土道治 昆布大使(北海道)
……………………………………………………………………
2017年最初のレポートを日本最東端の港よりお送りします。

 

みなさん、昆布食べてますか?
出汁とってますか?

昆布っておいしい食べ方だけじゃなく、エチケット的な食べ方も出来るんですよ。
口の臭いに困ってる方、いらっしゃいませんか?
口呼吸の為、口内が渇き雑菌が繁殖して臭いが出ちゃうとか
ニンニク食べて、臭いが出ちゃうとか。

人口甘味料はあまり摂取したくない。

 

なるべくなら自然界にあるもの、という健康志向の方
食後に出汁昆布(出汁をとる前の昆布)を1〜2c 屬らいを30分かけて噛んでみてください。

 

昆布は正常な唾液の匂いと同化し、昆布のネバネバ成分事フコイダンが

乾いた口内に粘膜を張り雑菌の繁殖を抑えるそうですよ。

 

胃が食物が入ったと感じ胃液を分泌し、ニンニク等の臭い成分を消化させ

臭いをやわらげそして、食物繊維が豊富な為、便秘による体臭も

改善することができるとも言われています。
食事の土台から排泄まで、食のすべてに関わる昆布を、これからも美味しくいただきたいですね。

 

……………………………………………………………………

昆布だしとオリーブオイル 白菜と蕪のポタージュ

縄文弥生 昆布大使(東京都)

……………………………………………………………………

蕪と白菜と玉ねぎとオリーブオイルと昆布だしで

美味しいポタージュを作りました。

 

*材料* 今回私は以下の材料で作りました。
好みで調整してください

 

白菜 100g
蕪 100g
玉ねぎ 70g
オリーブオイル 大さじ2
塩 適量
昆布だし 400ml

 

白菜多めにするととても野菜の甘さを感じる味、蕪を多くするととろっとした食感になります。

 

’鮑擇班鵑閥未佑がしんなりするまで炒めます。

∈布だしを入れます。野菜と昆布がいい香りです。

ハンディーブレンダーでなめらかにします。

 

野菜の旨味と甘みがオリーブオイルで炒めることで引き出されます。

 

 

昆布だしベースで芋や乳製品なしのポタージュ、優しい味わい。

オイルと少しの塩で野菜を炒めることで野菜の甘みを引き出し、
昆布だしを使うことでコクがでて薄味で深みのある味わいのポタージュができると改めて感じました。
ブイヨンなし、昆布だしのみでこんなに美味しいスープができるとは。

驚きました。

 

ブログはこちら

http://ameblo.jp/odamari2424/entry-12240226403.html

 

……………………………………………………………………

 

 

こんぶはパワーフード?

黒澤東江 昆布大使(山梨県)
……………………………………………………………………

寒い中にも陽射しが暖かく感じられる日が増えてきました。
春は目前ですね。

 

さて今回のレポートは、管理栄養士らしくこんぶの持つ栄養成分について

お話します。

『こんぶ』と聞いて真っ先に思うものは人それぞれだと思います。
実際、身近な人に聞いてみたところ…
昆布お出汁、酢昆布、梅昆布茶、おしゃぶり昆布、塩昆布などなど。

栄養指導をする時、肥満の方は口寂しいときに

ガムや飴よりおしゃぶり昆布を勧めたり、
夜寝る前は炭酸飲料よりも梅昆布茶でほっこりしてみては…

と提案したりしています。

 

また、こんぶには食物繊維が含まれていますので、

インターネットで検索するとダイエットに効く!!と

大きく書かれているものもあります。
一概にこんぶ=ダイエットに良い、とは言えませんが、

食物繊維は脂肪の吸収を抑える効果もありますので、
日常生活にうまく取り入れていけたらいいですね。

 

特筆すべきは、カルシウム・カリウムの含有量が多いという部分があります。
乾物ではありますが、カリウムの含有量なんかはトップクラスです。
カリウムはナトリウム(塩分)による血圧の上昇を抑えたりしてくれる、

とってもいい奴です。

 

そう。

気付きましたか?

こんぶは減塩食を作る際、めちゃめちゃ便利で適切な食材なのです。
なぜなら、お出汁をしっかり取れば旨味を利用して減塩に繋がります。

且つ、カリウムの作用でナトリウムの排泄を促してくれる…!
こんな素晴らしいことってありますか?

わたしの住んでいる山梨県は全国でも塩分使用量が上位です。
そこへ現れた救世主こんぶ!エクセレント…っ!

お出汁をとった後のこんぶもしっかり食べちゃいましよう。
食物繊維だって水溶性とひ不溶性がありますからね。
残らず食べきって健康体を手に入れましょう。

 

 

昆布水生活を始めてから、残った昆布はきんぴらにしたり

白菜と和え物にしたり。
味付けはシンプルでもまだまだ旨味があるのでとても美味しくいただけます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

……………………………………………………………………

 

 

うま味の相乗効果

水田晴野 昆布大使(大阪府)

……………………………………………………………………
昆布に含まれるうま味の「相乗効果」について、お話しさせていただきます。

 

 

食品に含まれる代表的なうま味物質として

・アミノ酸系のグルタミン酸
(昆布、トマト、玉ねぎ、チーズなどに多く含まれる)

 

 

・核酸系のイノシン酸、グアニル酸
(かつお節、牛肉、鶏肉などに多く含まれる)があります。

 

 

これらは単独で味わうよりも、グルタミン酸と核酸系のうま味物質を組み合わせることで、
うま味が7〜8倍強く感じられるそうです。

 

このグルタミン酸とイノシン酸、グアニル酸の相乗効果は、昔から世界の各地域でさまざまな料理に活用されています。
日本では、昆布(グルタミン酸)とかつお節(イノシン酸)の合わせだしがよく知られています。

昆布のうま味をより強く、おいしく味わうために、この相乗効果を利用してみてはいかがでしょうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

……………………………………………………………………

昆布を敷いて

田邉佳子昆布大使(兵庫県)
……………………………………………………………………
牡蠣の美味しい季節です。
相方の出身が、瀬戸内海に面した場所なので、

新しい食べ方を教えてもらうことがあります。
そのひとつが、牡蠣の昆布焼きです。

 

昆布をふんだんに使うのに慣れてない私には、勿体無い使い方なのですが、
一枚昆布を固く絞った布巾でサッと拭き、牡蠣をのせて魚焼き器で焼くだけです。

 

今回は、焼いた後の昆布も、細切りにして酒の肴にしました。
牡蠣の旨味と塩気が良い感じでした。

 

今回は、もうひとつ。
道南産の昆布で鯛を昆布締めにしました。

 

待つこと3時間。
昆布締めにした外側に、皮を剥いた八朔を添わせ、

八朔も昆布締めにしてみました。

 


オリーブオイル、胡椒。チャービルを添えてカルパッチョ。
八朔の酸味に旨味が加わり好評でした。

……………………………………………………………………

何度も作りたくなる美味しさ昆布大福

蒲澤章子昆布大使(東京都)

……………………………………………………………………

昆布って和菓子にも合うんだ!とびっくりするくらいの美味しさです。
昆布を餅にも餡にも加えて旨みが感じられるように工夫しました。

 

餅には塩昆布を加えているので甘じょっぱさが味のポイントになっています。
本当に商品化して欲しいくらいの美味しさ!ぜひお試しください。

 


材料(大福2個分)
昆布の粉・・・・・・小さじ1
白あん・・・・・・・80g
切り餅・・・・・・・2個
砂糖・・・・・・・・大さじ2
水・・・・・・・・・大さじ4
塩昆布・・・・・・・6g

 

昆布の粉は日高昆布を細かく切ってからミルにかけて粉状にしました。
全体がうまく粉状にならない時は茶こしでふるって、粗い部分は除いて使います。

 

作り方
’鬚△鵑忘布の粉を加え混ぜて40gずつに丸めておきます。

 

耐熱容器に切り餅、水、砂糖を入れてふんわりラップをかけて600Wで1分30秒加熱して取り出します。
ゴムベラで混ぜてからラップをふんわりかけてさらに1分加熱します。
ゴムベラでよく混ぜて残っている水気を全部餅に吸わせてから刻んだ塩昆布を加え混ぜます。

 

J匏粉をひいたバットの上に広げて全面にに片栗粉をまぶします。

 

ぬ澆2等分してあんこを入れて包みます。

 

……………………………………………………………………

| 1/177PAGES | >>
ページの一番上へ